当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

小江戸川越−埼玉県川越市



城下町の雰囲気を今に残す小江戸、川越
川越は江戸時代、街道や舟を利用して江戸との交流が盛んに行われていたことから小江戸と呼ばれ、江戸の文化や町づくりの影響を強く受けた関東を代表する城下町。
震災や戦災の被害が少なかった川越は江戸時代につくられた蔵が十数件現存し、その蔵造りの町並みをはじめ歴史ある寺院、駄菓子屋、そして川越のシンボルにもなっている時計台など大正、昭和のレトロな雰囲気を醸し出し、週末を中心に年間500万人以上の観光客が訪れ歴史と文化に触れる散策を楽しんでいます。(2009/01/11)


■住所 埼玉県川越市 》MapFan
■アクセス 西武新宿線本川越駅 JR川越駅
■駐車場 主な観光施設には有料、無料の駐車場が併設


本川越駅から北へ延びる一番街商店街。この通りの両側に蔵造りの建物が軒を連ねています。 江戸の景観を受け継ぐ蔵造りの建物は、土産物屋、アンティークショップ、飲食店などカタチを変えて今に残っています。
江戸時代より川越に時を告げてきた時の鐘。6時、12時、15時、18時の1日4回、今も街に時を告げます。 街中を東西に通る時の鐘通り。この鐘は「残したい日本の音風景百選」にも。
昔懐かしい駄菓子屋が軒を連ねる駄菓子屋横丁は一番街商店街の西側に。 一番街商店街と平行して通る大正ロマン夢通り。こちらは多少観光用に作られた感のある建物が建ち並んでいます。
川越には歴史ある寺院がたくさんあります。別名、川越大師と呼ばれている川越喜多院はその中心的な存在。 川越城本丸御殿の前にある三芳野神社は城の鎮守として平安時代に創建。この神社の境内は童謡とうりゃんせの発祥の地でもあります。
街の貴重な文化遺産が展示されている川越市立博物館。館内は古代、中世、近代、現代と歴史を追って街の文化を紹介しています。入館料は200円。 一番街商店街を中心に飲食店、川越名物、おいもの菓子屋、土産物店など個性的な店舗が並び、ウインドショッピングも楽しめます。

    

 

年間500万人以上の観光客が訪れる小江戸、川越は休日はとても混雑しています。街中に駐車場が沢山ありますので車の往来が多く、散策時は自動車に気をつけてください。

■住所 埼玉県川越市 》MapFan  
■アクセス 自動車 関越川越IC→国道16号→国道254号(ICより20分)
電 車 西武新宿線本川越駅 JR川越駅
■駐車場 観光施設、寺院、街中に有料駐車場が併設されています。

▲ページTOPへ






テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園
 | 海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ

HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.