当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

      

六義園−東京都文京区







池畔から眺める大泉水と築山の景色は見事
六義園は今から約300年前、山や池を築き造られた江戸時代を代表する回遊式築山泉水庭園。国の特別名勝にも指定されています。
入口にあたる内庭大門をくぐれば180度開ける大泉水と背景の樹林の景色は美しいの一言。池の周りは歩きやすい散策路が巡り、四季折々の植物を鑑賞しながら45分ほどの自然散策を。
園内の南側は景色が開けている低地、北側は生い茂る樹木や流れ、小高い山など起伏に富んでいます。
ベンチに腰を掛けてゆっくり佇んでいたい、そんな気分にさせてくれる庭園です。(2009/06/21)



         



■住所 東京都文京区本駒込6 》MapFan
■アクセス 自動車 本郷通り 上富士前交差点  
電 車  JR山手線、東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩7分
■駐車場 なし
■入園情報 入園時間/9:00-16:30 休園日/12/29-1/1 入園料/300円


                    


小石川植物園 旧古河庭園 飛鳥山公園 谷中根津千駄木


紅葉の季節の六義園

 
六義園の入口は本郷通りから20mほど入った場所に。入口で入園料を支払います。  内庭大門をくぐると、目の前には芝生広場と手入れの行き届いた庭園風景が広がります。
右手に中の島、左手には蓬莱島、そして正面に茶房を見ることのできる出汐の湊。 大泉水に浮かぶ中の島。島に足を踏み入れることはできませんが、手入れがされた築山の風景は園内どこからでも眺めることができます。
石をアーチ型に組んで造られた蓬莱島。そして奥に見えるのが吹上茶屋。 大泉水の南側からの眺め。180度の視界が広がります。
池畔にある心泉亭と大イチョウ。ここは集会施設として利用することができます。 水景を楽しむことのできる滝見の茶屋
滝見の茶屋からは、滝と渓流の景色を見ることができます。 樹木に囲まれた六義園西側にある散策路。
池の西岸にある吹上茶屋。抹茶などを楽しみながら、寛ぐことができます。抹茶セット500円。 吹上茶屋周辺風景。
明治時代、つつじの古木で造られたつつじ茶屋 つつじ茶屋周辺の散策路は樹木に囲まれ薄暗く、山道のよう様相。
六義園八十八景のひとつ、せん渓の流れ 標高35mの築山藤代峠への登山口。そのいただきは富士見山と呼ばれています。
藤代峠からは大泉水を中心に、六義園を一望することができます。 藤代峠の裾野に広がる池畔。ベンチに腰をおろし大泉水の景色を眺めていれば、時が経つのを忘れてしまいそう。
紫陽花は園内の南側。心泉亭滝見の茶屋付近で見ることができます。 売店は入口を入って真っ直ぐ進んだ場所に。


 花のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 ウメ
 サクラ
 ツツジ
 アジサイ
 ロウバイ

紅葉の季節の六義園

六義園は一周しても30分ほどと、それほど広いとは言えない庭園ですが、標高35mの小高い丘から大泉水と、起伏に富んだ地形は歩いていて飽きることはありません。回遊式築山泉水庭園は、ゆっくりと散策を楽しんだり、静かに景色を眺めたりと、優雅な時間を過ごすことができます。国の特別名勝に指定された庭園は、都立の庭園の中でもお薦め度、トップクラス。

■住所 東京都文京区本駒込6 》MapFan
■アクセス 自動車 本郷通り 上富士前交差点  
電 車  JR山手線、東京メトロ南北線 駒込駅 徒歩7分
■駐車場 なし 
■設備 レストラン・売店○ バーベキュー× ドッグラン× 入場料300円



小石川植物園 旧古河庭園 飛鳥山公園 谷中根津千駄木

▲ページTOPへ





テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園 | 
海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ

HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.