当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

テプコ浅草館−東京都台東区







明治時代から昭和初期の浅草の街を堪能
テプコ浅草館は明治から昭和30年代の下町の風俗や町並みを再現した、浅草の歴史博物館。むかし懐かしい看板や広告、レトロな電化製品の展示、また当時の浅草の映画館や派出所を再現した町並みを見て周れば、昭和の時代にタイムスリップしたかのよう。歴史的に価値のある書籍も含め約4,000冊の本が閲覧できる図書館も併設されています。
ここでは無料で浅草の風俗、芸能、文化について、見て、触れて、そして学ぶことができるとても貴重な博物館です。(2007/12/24)

■住所 東京都台東区西浅草2-27-7 》MapFan
■アクセス つくばエクスプレス浅草駅より徒歩1分。東京メトロ銀座線 田原町駅より徒歩7分
■駐車場 なし
■入園情報 入園時間/10:00-18:00 休園日/毎週月曜日・年末年始 入園料/無料



                    



浅草 》上野恩賜公園 》旧安田庭園 》荒川自然公園 》汐入公園 》隅田公園


 
テプコ浅草館の建物は昭和初期、浅草で一番賑わっていた六区の近く。国際通りを隔てた場所にあります。名前とマークでお判りのようにここの経営は東京電力。 1Fは下町ギャラリー。昭和の看板や広告の展示、また戦前の写真展など企画展も開催されています。
何といっても楽しいのが2Fの浅草下町ストリート。写真の浅草公園水族館は明治32年に開園された娯楽施設。 懐かしいおもちゃが展示されている浅草オモチャ店の店頭。
ビフテキ35銭、コオヒ5銭・・・。当時のメニューそのままが表示された喫茶店 テプコ浅草館の2F。通路の両側に昭和時代の建物が再現されています。
寛永年間に書籍の収蔵所として始まった浅草文庫。貸し出しはしていませんが歴史的に価値のある書籍の閲覧ができます。 テプコ浅草館の3Fは電気の歴史やむかしの電気製品が展示されている、くらしと電気の歴史展が常時開設されています。

 


                    

こんなにも懐かしく、そして楽しい浅草の歴史博物館が無料とは驚きです。浅草に行く際には、ぜひテプコ浅草館へもお立ち寄りください。

■住所 東京都台東区西浅草2-27-7 》MapFan
■アクセス 自動車 首都高6号駒形IC→浅草通り→国際通り
電  車 つくばエクスプレス浅草駅より徒歩1分。東京メトロ銀座線 
      田原町駅より徒歩7分
■駐車場 なし
■設 備 開館時間: AM10:00〜PM6:00
休館日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

▲ページTOPへ






テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園
 | 海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ
HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.