当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

戸山公園−東京都新宿区







山手線内で最高峰の箱根山

都立戸山公園は江戸時代、徳川家の藩主の下屋敷だった場所。箱根の山や東海道の町並みを再現した庭園や丘を、庭にこしらえたののがこの公園のルーツです。
明治時代になると、そのほとんどは軍の施設などに姿を変えてしまいましたが、箱根山は山の手線内、最高峰の自然の山として残り、戦後は周辺に散策路や広場、じゃぶじゃぶ池、そして花壇なども整備され、今では家族連れやシルバーの方の憩いの場になっています。
明治通りをはさみ東側が箱根山のある箱根地区、早大理工学部に沿った西側は広場が中心の大久保地区。それぞれの距離は徒歩で10分ほど掛かりますが、2つの地区を合わせて戸山公園と呼ばれています。(2008/07/21)



■住所 東京都新宿区戸山2・3 大久保3 》MapFan
■アクセス (箱根山地区) 副都心線・西早稲田駅・東新宿駅より各徒歩7分
(大久保地区) 副都心線・西早稲田駅徒歩5分 JR高田馬場駅徒歩10分
■駐車場 なし
■入園情報 入園時間/24h 休園日/なし 入園料/無料


                    


新江戸川公園 》江戸川公園

 
戸山公園大久保地区の中心部にある箱根山は標高44.6mの山手線内で一番高い自然の山。階段を1分ほど登ると頂上へ到着します。頂上約は5m四方の広さで周辺を木々で覆われているため見晴らしは期待できません。
箱根山を一周するように廻る散策路。ジョギングをしている方を多く見かけます。 箱根山の北側は広場や花壇、池などが配された憩いの場所。
早稲田口周辺のせせらび広場。小川で遊ぶことができます。 ベンチやあづまやがある花の広場
花の広場の正面にあるじゃぶじゃぶ池はプールのような形態になっています。スライダーなどの設備はありませんが、子供たちが手軽に水遊びができる恰好の場所。
箱根山の南側は樹木の生い茂った地域。人気も少なく自然散策に適しています。写真はスズカケの広場。 戸山周辺は戦時中、陸軍の施設が存在した場所。戸山教会の裏手に見えるのは陸軍の兵学校と集会所。壁のつくりや建物が当時のまま残っています。
明治通りの西側にある大久保地区には、それぞれ趣向の異なる6つの広場があります。左が少し起伏のある子供の広場。右はボール遊びなどに適した芝生の広場。
大久保地区の南側にある、噴水のあるいこいの広場。 明治通りから続く疎林の広場は、雑木の中の散策の小路。

                    

   

 

花のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 ウメ
 サクラ
 ツツジ
 フジ
 アジサイ
 キンモクセイ
 サザンカ
 カンツバキ


    

都立戸山公園のお薦めは箱根地区。箱根山を中心に江戸時代につくられた回遊式庭園の面影が今も色濃くのこるエリアは、山あり、小川あり、雑木林ありと豊かな自然の風景を楽しむことができます。夏は、じゃぶじゃぶ池が大人気。

■住所 東京都新宿区戸山2・3 大久保3 》MapFan
■アクセス 自動車 明治通り、諏訪町交差点周辺
電  車 (箱根山地区) 副都心線・西早稲田駅・東新宿駅より各徒歩7分
      (大久保地区) 副都心線・西早稲田駅徒歩5分 JR高田馬場駅徒歩10分
■駐車場 公園内には完備されていません。諏訪通りの路上パーキングを利用。
■設 備 レストラン・売店×  バーベキュー×  ドッグラン×



新江戸川公園 》江戸川公園 

▲ページTOPへ





テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園 | 
海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ
HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.