当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

佃島散歩−東京都中央区







運河と船だまりのある漁村の風景

隅田川の河口、佃大橋と中央大橋のはさまれたエリアが佃島。
江戸初期に大阪の漁師たちが移り住んだことからはじまるこの島は運河や船だまり、住吉神社など今も漁村としての風景を残し、また当時漁師たちが保存食として愛用していた佃煮を販売する天安、田中屋といった老舗もあります。
隅田川河口には明治以降に埋め立てでできたエリアが多いですが、この佃1丁目界隈は自然にできた洲。
佃一帯はけして広くはありませんが、北側にある超高層マンション群のリバーシティーと、佃島の漁村風景の400年の時代の違う風景は幻想的で、散歩にお薦めの場所です。(2008/11/03)


■住所 東京都中央区佃1 》MapFan
■アクセス 東京メトロ有楽町線 月島駅徒歩5分
■駐車場 なし



                    



》明石町 》浜離宮恩賜庭園    


 
佃堀のに架かる朱塗りの佃小橋が佃島への入口に。橋上からは運河とタワーマンションの光景を見ることができます。 佃のシンボル、住吉神社は1646年の創建。江戸時代は神社周辺に市がたち、とても賑わったそうです。
佃堀りは江戸時代に埋め立てで残された佃島と石川島のあいだの運河の名残。佃小橋から、船だまりを眺めることができます。 住吉神社周辺は猟師町の面影を色濃く残す風景。
緑豊かな佃公園。背景には大川端リバーティの高層マンションが。 佃公園のいこいの広場からは対岸の明石町、左手に佃大橋、右手に中央大橋を眺めることができます。
数多くのベンチが川岸に設置されている、隅田川沿いのテラス。 隅田川を行く水上バス、東京水辺ライン
佃島と対岸を行き交っていた佃島渡し舟跡。昭和30年には一日70往復もされていましたが、佃大橋の完成によって昭和38年に廃止。写真は佃島側の船着場跡。 天安、田中屋など老舗の佃煮屋さんがいまでも数件、軒を連ねています。佃煮とはこの町の漁師が保存食として愛用していたものが、そのまま名前になったもの。
佃大橋と聖路加ガーデンのツインタワー。佃公園のテラスから眺めることができます。 対岸の明石町から見た佃島界隈。石川島の大川端リバーシティーと、高層マンションに囲まれた漁師町のコントラストは不思議な風景。

                    

    

 

佃島散歩は佃小橋、住吉神社を起点に、佃公園、隅田川の川辺散策まで、1時間も掛かりません。近隣にはもんじゃやきで有名な月島や、佃大橋を渡れば文明開化の史跡が残る明石町と興味深い町並みがありますので、周辺散策も合わせてお楽しみください。佃煮も忘れずに。

■住所 東京都中央区佃1 》MapFan
■アクセス 自動車 中央大橋、または佃大橋南詰
電  車 東京メトロ有楽町線 月島駅徒歩5分
■駐車場 なし
■設 備 レストラン・売店×  バーベキュー× ドッグラン×

▲ページTOPへ




》明石町 》浜離宮恩賜庭園    





テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園
 | 海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ
HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.