当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

渡良瀬遊水地−栃木・群馬・埼玉・茨木





谷中湖を中心に広がるのどかな景色
東京ドームの100倍と、とにかく広大でどこまでが渡良瀬遊水地なのかもはっきりわかりません。谷中湖のある中央エントランスが中心地で、この付近はよくある観光地の風情ですが、第二、第三調節池のある東側、北側は観光地というより、自然のままの風景。観光客はあまり見かけません。
手軽に渡良瀬遊水地を楽しむなら西側の第一調節池を、ディープに楽しむのであれば第二、第三調整池がお薦めです。(2006/04/22)



         
■住所 栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがっています。 》MapFan
■アクセス 東武日光線 新古河駅より徒歩5分 JR東北本線 古河駅より徒歩20分
■駐車場 無料 (中央、北の各エントランス)

                      

渡良瀬遊水地のメインエントランス。ここから西橋、東橋と徒歩で対岸へ渡る。自動車通行不可。このあたりは典型的な観光地の風情をしています。 ハート型をした谷中湖は遊水地のメインスポット。ウィンドサーフィンやカヌー、釣りといったスポーツが楽しめます。周辺の栃木の山々を見ながらの湖畔散策も。
北エントランス付近からの壮大な渡良瀬遊水地の風景。ここから北側は観光地というより原野。人の手は入っていません。
渡良瀬遊水地の真ん中を走るサイクリングロード。遊水地内は車も通行が可能です。
レストランやカラオケ、日帰り入浴施設がある渡良瀬の里は北側にあります。

渡良瀬の里の隣にあるレジャー農園では多くの人が農作物の手入れを楽しんでいました。

渡良瀬の里付近はふるさとの原風景を残していてお薦め。ノスタルジックな気分に浸れます。

土手沿いは菜の花の黄色で覆われています。 

中央エントランスの無料駐車場。

とにかく広いのではじめての方は中央エントランスに車を駐車して谷中湖の散策がお薦め。渡良瀬遊水地をぐるっと一周するのにも車でも30分は掛かります。東側の第二調整池から国道4号に掛けてのエリアは、くねくねとした生活道と車両通行止めが多く迷いやすい場所。北側の渡良瀬の里付近は半日いても飽きないほど、懐かしいの景色を見ることができます。

■住所 栃木、群馬、埼玉、茨城の4県にまたがっています。 》MapFan
■アクセス 自動車 東北自動車道 館林ICより20分
電  車 東武日光線 新古河駅より徒歩5分 JR東北本線 古河駅より徒歩20分
■駐車場 無料 (中央、北の各エントランス)
■設備 レストラン・売店 ○ バーベキュー○ ドッグラン×

▲ページTOPへ




テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | リラックスできる公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園 | 
海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ
HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.