東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
中央区

浜離宮恩賜庭園の紅葉風景。茶屋からながめるモミジの色づき


浜離宮恩賜庭園の紅葉



紅葉の浜離宮恩賜庭園

 

汐入の池と紅葉風景

浜離宮恩賜庭園は東京湾に面した江戸時代の由緒ある庭園です。

 

11月下旬から12月上旬の浜離宮恩賜庭園は、カエデやハゼノキ、サクラ、モミジの紅葉に彩られ庭園は一層の趣を醸し出します。

汐入の池に映し出される木々の紅葉はすばらしい眺め。

 

紅葉鑑賞は、池に浮かぶ中島の御茶屋や、中島にかかるお伝い橋からがおすすめ。

茶屋では甘味をいただきながら、池と紅葉を風景を堪能できます。

 

その他にも延遼館の跡の大イチョウや、海沿いの散策路に並ぶケヤキなど、みどころはたくさん。

 

浜離宮恩賜庭園は、一周ゆっくりと歩いて1時間ほど。

晩秋に行きたい庭園です。
 
 
■浜離宮恩賜庭園の関連ページ
浜離宮恩賜庭園は風光明媚な都心のオアシス





基本情報

入園料有料
バーベキュー場×
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール×
駐車場×
お薦めの季節と花春 梅 桜 ツツジ
夏 紫陽花
秋 コスモス
冬 ロウバイ サザンカ

浜離宮恩賜庭園

東京湾の海水を引き入れている潮入りの池。潮の満引きによって風景が変わります。

浜離宮恩賜庭園

そのむかしは夕涼みやお月見の場所として使用されていた中島の御茶屋。

浜離宮恩賜庭園

池に掛かるお伝い橋は長さ118mの総檜造り。小の字島を通り御茶屋に続いています。

浜離宮恩賜庭園

江戸時代につくられた古い鴨場が二箇所あり、当時、将軍がここで鴨猟を行っていました。鴨場の施設が現存するのは全国に5箇所、都内には浜離宮恩賜庭園だけ。

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園の南にある富士見山から望む潮入りの池の眺め。 

浜離宮恩賜庭園

海岸に平行するように通る散策路。浜離宮恩賜庭園の紅葉風景です。



浜離宮恩賜庭園

東側の海岸沿いには山頂にベンチが設置されてた築山が何箇所かあり、東京湾を眺めながら寛ぐことができます。写真は樋の口山。

浜離宮恩賜庭園

海岸沿いに真っ直ぐ延びる散策路。右手は明石町、佃エリアにそびえるハイタワー群。

浜離宮恩賜庭園

江戸時代、将軍が浜離宮恩賜庭園に来たときに使用していた、将軍お上がり場の形跡。

浜離宮恩賜庭園

幕末、外国人接待所として建てられていた洋館、延遼館の跡地。

浜離宮恩賜庭園

延遼館の跡地にある見事な大イチョウの紅葉。

浜離宮恩賜庭園

大手門入口左手にある三百年の松の木は都内最大級とのこと。

浜離宮恩賜庭園

季節の植物が鑑賞できる花木園にある無料休憩場。

浜離宮恩賜庭園

創建時期があきらかになっていない稲生神社。江戸時代の後期に、別の場所にあった神社をこの地へもってきたものと考えられています。

浜離宮恩賜庭園

中の御門近くにある野外広場はお弁当を広げたり、ゴロンとするには格好の芝生広場。



浜離宮恩賜庭園マップ

春のソメイヨシノや菜の花、秋のコスモス、そして浜離宮恩賜庭園の紅葉と、風光明美な景色が一年中楽しめる庭園です。
周辺の公園

住所 東京都中央区浜離宮庭園1-1
アクセス自動車 国道15、または晴海通りから3分ほど。
電  車 地下鉄大江戸線 汐留、築地市場、ゆりかもめ汐留駅から徒歩7分
     JR新橋駅徒歩12分(大手門入口まで) 
公園情報9時~17時 年末年始を除き開園
入園料 300円
園内の施設集会場 茶屋 売店
駐車場敷地内にはありませんので、シオサイト周辺または 築地市場通りの地下駐車場を利用。