東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
調布市

神代植物公園に早春をつげる180本の梅


神代植物公園



早春の神代植物公園

 
神代植物公園では1月のクリスマスローズから12月のサザンカまで、一年を通して花々を楽しむことができますが、早春はうめ園がおすすめ。

 

神代植物公園のうめ園では70品種、180本のピンクと白の可憐な花が、ほのかな香りとともに見ごろを迎えます。

 

2月上旬から3月上旬の梅まつり期間中には、うめ園ガイドツアーやコンサート、梅見茶屋などの催しも行われます。
 
 
■神代植物園の関連ページ

神代植物公園のバラ園は都内最大。5,000本のバラが咲く

神代植物公園の春は12,000本のツツジと菜の花畑





基本情報

入園料有料
バーベキュー場×
ドッグラン
キャンプ場×
水遊び・プール×
駐車場
お薦めの季節と花春 桜 桃 バラ サツキ
夏 オミナエシ 萩
秋 バラ サザンカ キンモクセイ
冬 椿 ロウバイ 梅

神代植物公園

神代植物公園の東側、深大寺門近くにうめ園があります。園内には散策路が廻りお茶のサービスなども。

神代植物公園

うめ園周辺はツバキやサンシュなども咲いていて早春でも美しい色彩を楽しむことが。

神代植物公園

梅まつり期間中は梅見茶屋も出店。



神代植物公園

漢方薬やドリンク剤にも使われるサンシュは3月中旬まで花をつけています。

神代植物公園

赤い大輪の花をつけるツバキも3月下旬まで楽しむことが。 

神代植物公園

うめ園以外は冬枯れの無彩色の景色。これもまた風情があります。

神代植物公園

池と梅の風景。

神代植物公園

梅をはじめ花の苗が即売されている植物売店。

神代植物公園

武蔵境通りに面した神代植物公園の正面入口。他に南側に深大寺門があります。



神代植物公園

2月の神代植物公園は冬から春への移ろいを感じられます。
周辺の公園

住所 東京都調布市深大寺元町5-31-10
アクセス自動車 中央道調布ICから10分
電  車 JR中央線三鷹駅、吉祥寺駅 京王線調布駅、つつじヶ丘駅よりバス20分
公園情報開園時間/9時30分~17時 
休園日/月曜日 年末年始 
入園料/500円
園内の施設ドッグラン
植物売店
レストラン
植物展示センター
駐車場二か所 720台の有料駐車場 300円/1h