東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
台東区

上野恩賜公園は江戸っ子も愛したお花見の名所


上野恩賜公園の桜



上野恩賜公園でお花見

 

上野恩賜公園は、寛永寺という徳川家の菩提寺の境内だった場所を、東京市が明治時代に市民に開放したのが始まりの国民公園。

春は東京で一番と言っても良いほど、お花見の名所として知られています。
 

800本の桜並木

寛永寺の境内に桜を植えたのがはじまりの上野公園は、江戸時代から桜の名所として庶民に親しまれてきました。

しのぶ川沿いの300メートルの桜並木には800本の桜。

朝からシートを広げ、たくさんの人たちがお花見を楽しんでいます。

 

3月下旬から4月上旬の約2週間、うえの桜まつりが開催され、17時30分~20時は、ぼんぼりが点灯され、桜並木は大宴会の様相に。

上野恩賜公園は、アルコールの飲酒が認められています。

 

ボートに乗って桜を見よう

お花見の時期に訪れるなら、昼間の時間帯がおすすめ。
不忍池で、ボートからのんびりと池畔の桜を眺められます。

 

公園の周辺には上野動物園や博物館、美術館などの文化施設、そして歴史あるお寺など観光名所もたくさんあるのでお花見と併せて楽しめます。

 
 

■上野恩賜公園の関連ページ

上野恩賜公園の紅葉風景。800本のイチョウとケヤキが色づく秋





基本情報

入園料無料
バーベキュー場×
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール×
駐車場
お薦めの季節と花春 桜 ツツジ
夏 紫陽花 ハス
冬 ボタン

上野恩賜公園

不忍池と平行して通る300mの桜並木の道。毎年3月下旬から4月上旬まで桜まつりが開催され、800本の桜がライトアップされます。

上野恩賜公園

お花見シーズンの桜並木の道。道の両側にはお花見用のシートがびっしりと広げられ、歩くことも困難なほど賑わいます。

上野恩賜公園

上野恩賜公園と言えばボート。ボートの上から、そして池畔から穏やかな景色を堪能できます。

上野恩賜公園

三人まで乗れるローボート、そして二人乗り用のスワンボートとサイクルボート。

上野恩賜公園

不忍池の周りを遊歩道が巡っていて、散歩やジョギングをしている人が大勢。 

上野恩賜公園

上野恩賜公園の中央にある大噴水。その奥には東京国立博物館が。



上野恩賜公園

家康を祭神とする上野東照宮は重要文化財。上野恩賜公園には由緒あるお寺が多数。

上野恩賜公園

池の真ん中にある弁天堂。付近にはやきそばなど露店が多数出店しています。

上野恩賜公園

東照宮の周辺には、食事処やみやげ屋など趣のあるお店が。

上野恩賜公園

上野恩賜公園から上野動物園に向かう道。休日は早朝から沢山の来園者で賑わっています。入園料は600円。

上野恩賜公園

国立の博物館や美術館が多くあるのも上野恩賜公園の特徴。写真は公園口近くにある東京文化会館。

上野恩賜公園

不忍池の東南にある下町郷土資料館。江戸時代の文化風習を知りたければここはおすすめ。面白いです。



桜の時期はとくかく混雑します。
特に、桜並木の下は早朝から場所の取り合いになりますので、昼間に訪れ、園内を歩きながら桜を楽しむのがおすすめです。
周辺の公園

住所 東京都台東区上野公園
アクセス自動車 首都高上野ICからすぐ 
電  車 JR、地下鉄、京成上野駅から5分
公園情報常時開園 入園無料
園内の施設ボート 600円/30分~
売店 レストラン カフェ
駐車場公園北東側 山手線線路沿い 100台 400円/1h