当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

向島百花園−東京都墨田区







今に残る唯一の江戸時代の花園

向島百花園は江戸時代、草花の観賞を目的として骨董商と一流の文人たちによってつくられた庭園です。590種類もの草木が植えられた園内では四季折々の草花が咲き、風光明媚な景色を堪能することが。
春の七草飾り、初夏の藤棚、夏の朝顔展、そして初秋の萩のトンネルと、一年を通して花木に関する催しが開催され、訪れる人を楽しませてくれます。(2008/09/23)



■住所 東京都墨田区東向島3-18-3 MapFan
■アクセス 東武伊勢崎線東向島駅徒歩8分 京成曳舟駅徒歩13分
■駐車場 なし
■入園情報 入園時間/9:00-16:30 休園日/12/29-1/3 入園料/150円



                    



浅草 》隅田公園 


 
ミヤギノハギ、シロバナハギを柵に沿わせて造られた30mの萩のトンネル。萩の見ごろは9月から10月上旬です。
花木の中を巡る散策路。見ごろの植物を鑑賞しながら20分ほどの散策を楽しむことができます。 向島百花園の北側にあるあづまや。付近には売店もあります。
野趣をたたえた池。池の周りには散策路が通っています。 芭蕉をはじめ文人、句人の詩が刻まれた句碑、石柱が29箇所。俳句を詠みながらの散歩は興味を膨らませます。
向島百花園には、春、夏、そして秋のそれぞれの七草が植えられた庭園があります。写真の秋の七草は、とろろあおい、ごじかゆうがお、おしろい花、からすうり、そして、ひおうぎりんどう。 向島百花園東側には、こんもりとした竹林も。
木陰やベンチなど休憩場所が多くあります。 向島百花園の出入り口は一箇所。ここで入園料、150円をを支払います。

                    


 

 花のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 ウメ
 サクラ
 ハナショウブ
 アジサイ
 ハギ
 サザンカ
 ロウバイ
 カンツバキ


    

向島百花園周辺の東向島地区は大正、昭和の面影を多く残している町並みです。庭園散策のあとは、周辺の散歩もお薦め。くねくねとした路地や、古い民家に、昭和のノスタルジーを感じます。9月から10月上旬には、見事な萩のトンネルが。

■住所 東京都墨田区東向島3-18-3 MapFan
■アクセス 自動車  明治通り 東向島交差点近く
電  車 東武伊勢崎線東向島駅徒歩8分 京成曳舟駅徒歩13分
■駐車場 なし
■設 備 レストラン・売店○  バーベキュー×  ドッグラン× 入園料150円

▲ページTOPへ




テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園
 | 海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ
HOME
Copyright c2008 Park Navi, All Rights Reserved.