東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
墨田区

向島百花園で七草を鑑賞。萩のトンネルは9月


向島百花園



向島百花園 | 墨田区

 
向島百花園は江戸時代、草花の観賞を目的として骨董商と一流の文人たちによってつくられた回遊式日本庭園。

100年以上の歴史があり、現存する江戸時代の花園は向島百花園だけで、国の名勝及び史跡の指定を受けています。

 

春と秋の七草をはじめ、萩やフジ、ハナショウブなど590種類もの草木が植えられた向島百花園には、コウロギや鈴虫、ウグイスやメジロなど、都会では少なくなった昆虫や野鳥もやってきます。
 
特にみどころは、早春の梅と秋の萩。
 

萩のトンネル

早春の梅と水仙、春から夏の山野草、秋の萩と季節の草花が咲く向島百花園。

春の七草飾り、初夏の藤棚、夏の朝顔展、そして初秋の萩のトンネルと、一年を通して花木に関する催しが開催されています。

 

秋は虫の音を聞いたり中秋の名月を鑑賞する会が催され夜9時まで開園。

 

萩のトンネルの見頃は9月です。
 

新梅屋敷の梅まつり

開園当時は、360本の梅が植わっていて、新梅屋敷と呼ばれていた向島百花園では、月影(つきかげ)、初雁(はつかり)、白加賀(しろかが)、道知辺(みちしるべ)、鹿児島紅(かごしまべに(こう)など20種類70本の白梅、紅梅を見ることができます。
 

2月中旬から3月上旬には梅まつりが開催され、大道芸や庭園ガイドなど、江戸文化に親しむイベントが行われます。
 

春の七草

向島百花園では、春の七草、夏の七草、そして秋の七草が鑑賞できます。

春の七草(せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ)は、古来より災いを去り、富貴を得られるといわれ、正月7日に七草粥として食されてきました。

向島百花園では七草を籠に仕立て「七草籠」を作り、皇室に献上しています。
 

年末年始には、職員による七草籠の制作実演やジャンボ七草籠の展示、七草がゆの販売などが行われ、新春の風物詩になっています。




基本情報

入園料有料
バーベキュー場×
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール×
駐車場×

向島百花園

ミヤギノハギ、シロバナハギを柵に沿わせて造られた30mの萩のトンネル。

向島百花園

萩の見ごろは9月から10月上旬。

向島百花園

花木の中を巡る散策路。見ごろの植物を鑑賞しながら20分ほどの散策を楽しむことが

向島百花園

向島百花園の北側にあるあづまや。付近には売店もあります。

向島百花園

野趣をたたえた池。池の周りには散策路が通っています。

向島百花園

芭蕉をはじめ文人、句人の詩が刻まれた句碑、石柱が29箇所。俳句を詠みながらの散歩。

向島百花園

向島百花園には、春、夏、そして秋のそれぞれの七草が植えられた庭園があります。

向島百花園

木陰やベンチなど休憩場所も園内にはたくさん。

向島百花園

向島百花園の出入り口は一箇所。ここで入園料を支払います。




公式サイト
東京都公園協会

向島百花園周辺の東向島地区は大正、昭和の面影を多く残している町並みです。
庭園散策のあとは、周辺の散歩もおすすめ。
くねくねとした路地や、古い民家に、昭和のノスタルジーを感じます。

住所 東京都墨田区東向島3-18-3
アクセス自動車  明治通り 東向島交差点近く
電  車 東武伊勢崎線東向島駅徒歩8分 京成曳舟駅徒歩13分
公園情報入園時間 9時~16時30分
休園日 年末年始
入園料 150円
園内の施設特になし
駐車場なし