当サイトや掲載している公園・観光地についてのご感想、ご質問をお待ちしています。
上記お問合せフォームをご利用ください。

 

都立旧芝離宮恩賜庭園−東京都港区







泉水の周りに広がる庭園風景
旧芝離宮恩賜庭園は1655年、東京湾の海面だったこの場所を埋め立てて造られた江戸時代の大名庭園。武家屋敷や皇室邸などに利用された歴史を経て1924年に一般に公開された国指定の名勝地です。
園内中央にある池、池畔の石畳や灯篭、そして築山など中国の景色を取り入れた大名庭園では、春の藤、夏のハナショウブ、そして秋にはハナミズキ、モミジ、サクラ、ケヤキなどの紅葉と、四季それぞれの花木を楽しむことができます。(2008/11/29)



■住所 東京都港区海岸1 》MapFan
■アクセス JR山の線 浜松町駅 徒歩1分
■駐車場 なし
■入園情報 入園時間/9:00-16:30 休園日/12/29-1/3 入園料/150円



                    

 

浜離宮恩賜庭園 芝公園 日比谷公園

 
旧芝離宮恩賜庭園の大部分を占める泉水。以前は海水を引き入れた潮入りの池でしたが、現在は淡水池。 砂浜を模した州浜と池畔をめくる30分程度の散策路。
中国の西湖の景色を模した石造りの西湖の堤。その他、園内には灯篭など石造りの建築物が多いことも特徴。 泉水の東に位置するあづまや
旧芝離宮恩賜庭園で最も高い築山、大山。山頂からは泉水を一望できます。 大山からの景色。小高い築山の山頂までは1分も掛かりません。
旧芝離宮恩賜庭園南側は紅葉に包まれた、穏やかな時間の流れるエリア。 泉水には5つの島が浮かんでいます。中で一番大きな大島と手前が鯛橋
石造が点在する中島は、中国で仙人が住むと言われている蓬莱山を模したもの。中島には西湖の堤が掛かっています。 明治天皇がこの高台から東京湾の漁の様子を見物したと言われる九尺台。海面を埋め立てて造った庭園ならではの逸話です。
池に泳ぐコイは大名庭園ならではの風景。岩場ではハトが日向ぼっこをしています。 旧芝離宮恩賜庭園への入口は一箇所。浜松町駅から徒歩1分程度の場所にあります。

                    

 

 花のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
  ウメ
  サクラ
  ツツジ
  ハナショウブ
  アジサイ
  サザンカ
  ロウバイ


都立旧芝離宮庭園は45分ほどもあれば十分に散策できる大きさですが、築山や石造、砂浜、そして島など、泉池の周りには趣きのある景色がいくつも広がっています。

■住所 東京都港区海岸1 》MapFan  
■アクセス 自動車 海岸通り 芝商高前交差点
電 車 JR山手線 浜松町駅 徒歩1分 
■駐車場 なし
■設備 レストラン・売店× バーベキュー× ドッグラン×

▲ページTOPへ



 

浜離宮恩賜庭園 芝公園 日比谷公園





テーマ別  
家族で楽しめる公園
 | 心が癒される公園 | 自然散策ができる公園 | 自然の中をウォーキング 
懐かしい景色の公園
 | 海が見える公園 | 水遊びができる公園 | 歴史と文化に触れる | ハイキングが楽しめるスポット
エリア別  
東京23区の公園 | 西東京の公園 | 横浜・川崎の公園 | 神奈川県央の公園 | 三浦半島の公園 | 箱根の公園
千葉の公園 | 埼玉の公園
関東公園情報ガイド パークナビ
HOME
Copyright c2009 Park Navi, All Rights Reserved.