東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
松戸市

21世紀の森と広場はバーベキューも里山歩きもできる大きな公園。楽しみ方はたくさん!


21世紀の森と広場



千葉県の自然を活かした大きな公園

 
21世紀の森と広場は千葉県松戸市のほぼ中央、千駄堀の自然を守り育てることをテーマに造られた都市公園。

東京ドームの11倍もの大きさです。
 

概要

21世紀の森と広場は、千駄堀池を中心に芝生広場や野草園、里や森など様々な自然の景観が堪能できます。

遠足や親子連れのピクニック、またバーベキューなど楽しみ方はたくさん。

 

21世紀の森と広場をのんびりと一周すれば約2時間。

園内にある松戸市立博物館では上総の歴史を学ぶこともできます。

 

見どころ

広大な21世紀の森と広場は、目的をもって訪れることをおすすめします。

 

バーベキューなら公園北側の木もれ陽の森へ。

緑に囲まれた9000平方メートルの敷地内でバーベキュー場やキャンプができます。
食材の販売や用具のレンタルも行っているので手ぶらでも大丈夫。

木もれの陽の森へは北駐車場を利用。

 

野鳥と植物の観察なら自然生態園へ。

自然解説員による無料の湿地の観察会も実施されています。
自然生態園へも北口駐車場を利用してください。

 

自然の中をのんびりお散歩するならみどりの里と生命の森。
のどかな里山の景色に出会えます。

 

ボール遊びやピクニックなど子どもと一緒なら中央口からほど近い光と風の広場へ。
芝生と樹木の広場で思いっきり遊べます。

 

21世紀の森と広場は、お弁当を持って来ればどこでもピクニックが楽しめますが、千駄堀池畔にカレーライスやハンバーグ、ビールも飲めるカフェテラスがありますので手ぶらでも大丈夫。




基本情報

入園料無料
バーベキュー場
ドッグラン×
キャンプ場
水遊び・プール
駐車場

21世紀の森と広場

21世紀の森と広場で一番広い光と風の広場。東京ドームよりも広い芝生でピクニック。

21世紀の森と広場

光と風の広場の小川。夏は水遊びも楽しめます。

21世紀の森と広場

21世紀の森と広場を南北に横切るけやき通りの下は水遊びに最適な、水とこかげの広場。

21世紀の森と広場

北側の木もれ陽の森ではバーベキューが楽しめます。手ぶらでバーベキューもok。

21世紀の森と広場

1日1,000トンもの水が湧く千駄堀池は21世紀の森と広場のシンボル的な存在。池畔にはパークセンターとカフェテラス。

21世紀の森と広場

池畔の遊歩道は池の景色を眺めながら散歩ができます。北側は自然保護区で立ち入りが制限。



21世紀の森と広場

千駄堀池の東側に広が野草園。散策路を歩きながら草原や湿地帯の植物を観察。

21世紀の森と広場

千駄堀池畔から四季の山野辺の森の風景。

21世紀の森と広場

むかし懐かしい農村の風景が広がる、みどりの里。

21世紀の森と広場

松戸市立博物館の屋外施設、竪穴式住居が3棟ある縄文の森。高木で覆われた鬱蒼とした場所。

21世紀の森と広場

縄文の森にある森の工芸館。輪投げの施設があります。

21世紀の森と広場

南側に広がるつどいの広場も広大。

21世紀の森と広場

つどいの広場を周回する森の散策路。

博物館

松戸の歴史から昭和時代の文化まで、見て、触れて、感じることのできる松戸市立博物館。

21世紀の森と広場

駐車場は公園の東西南北に800台のスペース。写真は中央口近くの東駐車場。



21世紀の森と公園マップ

広大な21世紀の森と広場は、木もれ陽の森でのバーベキューやピクニックなどアウトドアレジャーに最適。
遠くから訪れても十分満足の公園です。

住所 千葉県松戸市千駄堀269
アクセス自動車 国道6号 松戸市北部市場交差点すぐ
電 車  新京成線 八柱駅 JR武蔵野線 新八柱駅 徒歩15分
公園情報開園時間 9時~17時(11月~2月は16時30分まで)
休園日 年末年始
入園料 無料
園内の施設バーベキュー場 持ち込み/手ぶら (要事前予約)
キャンプ場 金曜日または土曜日からの1泊2日 1,260円/1名
カフェ
駐車場4箇所 847台
東駐車場 323台
南駐車場(土日祝日のみ)131台
北駐車場 168台
西駐車場 225台

500円/1日
西駐車場 100円/1h