東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
中央区

明石町にいまも残る外国人居留地の跡


明石町




文明開化の地

隅田川の河口、明石町から築地周辺は江戸時代には一帯が武家屋敷でした。

明治維新の後、屋敷は取り壊され外国人専用の居留地が設立。周辺には各国の人が移り住み、教会、カトリック系学校、ホテル、アメリカ公使館などが建設されました。

 

隅田川沿いは海軍兵学校、西洋の技術を取り入れた製糸、靴、印刷などの工場もこの地に誕生しています。

 

文明開化の地、明石町は関東大震災で多くの建物を消失してしまいましたが、今も聖路加国際病院周辺にはいくつかの史跡が残り、歴史散策にはお薦めのエリアになっています。



明石町

1902年創設の聖路加国際病院は明石町のシンボル。キリスト教の精神のもとに医療、看護が実践されています。

明石町

1994年開業の聖路加ガーデンは現代の隅田川の象徴。ホテルレストラン、スポーツクラブ、オフィスからなる複合施設。

明石町

1875年に新築されたアメリカ公使館の跡地は聖路加病院の敷地内に。外国人居留地だった明石町にはこのような施設が数多くありましたが震災でほとんど消滅。

明石町

福沢諭吉が1858年、この地に慶応義塾を開設。生徒数は5名、オランダの学問を教えていました。聖路加看護大学前に史跡が残っています。

明石町

明石町をはじめ銀座、日本橋、築地エリアの歴史や文化を紹介する常設展示とプラネタリウムを営業するタイムドーム明石。

明石町

聖路加国際病院から隅田川河川までは忠臣蔵で有名な赤穂藩主、浅野家の屋敷のあった場所。その史跡が聖路加看護大学の西側に。



明石町

明治時代、明石町には牧場があり、1892年に牧場経営者の長男として生まれたのが作家、芥川龍之介。その生誕の碑。

明石町

明石町は医師、牧師、教師が多く住んでいた外国人居留地でした。当時は洋館が建ち並び賑わいをみせていたと思われる明石町の通り。

明石町

明石町の中心部にあるあかつき公園はアスレチック施設や噴水広場がある緑豊かな公園。周辺マンションに住む子供たちの遊び場。

明石町

聖路加看護大学の西側にある築地川公園。バーベキュー施設も。

明石町

1929年架橋された可動式の勝鬨橋。この橋から明石町散策のスタート。

明石町

聖路加ガーデン前の明石町河岸公園。隅田川沿いにテラスが続きます。



聖路加国際病院など明治以降の史跡や、超近代的な聖路加ガーデンの建物。
明石町は昔と現代が混在する街です。
周辺の公園

住所 東京都中央区明石町
アクセス自動車  新大橋通り
電  車 東京メトロ日比谷線 築地駅 有楽町線 新富町駅
公園情報
園内の施設
駐車場