東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
荒川区

荒川自然公園


荒川自然公園

荒川自然公園は交通園とプールの屋上公園。

 
荒川自然公園は、自転車や豆自動車に乗れる交通園が人気の、荒川区でいちばん大きな公園。
新東京百景に選ばれている水と緑の豊かな環境では、水遊びや虫捕り、芝生でピクニックなど、自然と触れ合いながら遊ぶことができます。

遊具やプールなど、子どもが喜ぶ施設も充実してます。
 
荒川自然公園

荒川自然公園の概要

東京都の下水道場、三河島水再生センターの屋上を利用してできた荒川自然公園の園内は、北側地区、中央地区、そして南側地区の三つのエリアに分かれています。
 

北側地区には、子どもが交通ルールを学べる交通園と、ピクニックにおすすめのさんさん広場。

中央部は、テニスコートや野球場、無料で利用できるわいわいプールなど、スポーツ施設のゾーン。
ブランコや滑り台など、幼児向けの児童遊具コーナーもあります。

荒川自然公園

北側エリア(交通園と芝生のスポット)の四季の丘。

荒川自然公園

さんさん広場はお弁当を持った親子連れが多い、緑に囲まれた芝生エリア。

荒川自然公園

交通園は道路や信号など教習所のようなコース。自転車やペダル式自動車に乗って交通ルールを学びながら遊ぶことが。

荒川自然公園の南側は、白鳥やカルガモが泳ぐ白鳥の池を中心に、水遊びができる水辺の広場や、カブトムシが観察できる昆虫観察園、国蝶のオオムラサキが観れるオオムラサキ観察園、そしてネットや吊り橋のアスレチックコーナーが配されています。
 
 

レクリエーション施設が豊富な荒川自然公園ですが、園内には樹木や野草がたくさんあるため、昆虫や野鳥などの生きものも多く、自然観察やウォーキングの場所としてもおすすめです。
 
 
尚、荒川自然公園は、自転車・バイクの乗り入れ、および犬などペットを連れ入れることはできません。

荒川自然公園

南側エリア(休養と散策のスポット)荒川区の地形を形どった白鳥の池が。

荒川自然公園

白鳥の池にかかる木橋。

荒川自然公園

子どもの水遊びには恰好の水辺広場。

 

荒川自然公園の自転車で遊ぼう

荒川自然公園の交通園は、幼児や小学生が、ゴーカートや自転車、豆自動車に乗って楽しみながら交通ルールを学べる施設です。
 

小学生向けのゴーカートと自転車、幼児向けには補助付き自転車や三輪車が無料で利用可能。

交差点や踏切が設置されたコースで子どもが交通ルールを学べます。

自転車にまだ上手く乗れない子どもには、専用の練習場も完備されているので安心です。
 
 

幼児向けの乗り物は、三輪車、豆自動車、14型自転車の3種類。
幼児専用のコースで遊べるので安心です。
 

小学生には一輪車と16型以上の自転車に加え、ゴーカートに乗ることもできます。
 

貸し出し時間は、どれも30分以内となっています。

 
ルート検索


住所 東京都荒川区荒川8-25-3
TEL 03-3803-4042
アクセス自動車 : 明治通り大関横丁交差点から2~3分  
公共交通 : 都電荒川二丁目駅下車すぐ
公園情報開園時間 7時~21時(12月~2月は17時まで)
休園日 毎月第1・3木曜日、年末年始
入園料 無料
面積 : 61,068平方メートル
開園日 : 1974年4月
園内の施設・わいわいプール
期間 7月中旬~8月末
小学生以下と保護者のみ利用可
無料
・交通園 (子ども向け乗り物の貸し出し)
30分 無料
開園時間
9時~16時30分(夏休み期間は17時30分)
・アスレチック
・昆虫観察園
・オオムラサキ観察園
・テニスコート
・野球場
・おむつ交換台
※園内に売店、レストランはありません
駐車場なし。町屋駅近辺の駐車場を利用
                   
関連情報