馬事公苑 | 乗馬体験ができる世田谷区の公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
世田谷区

馬事公苑


馬事公苑

馬事公苑は東京オリンピック・パラリンピック、および施設整備工事のため2022年まで休苑中。
 

馬事公苑で乗馬体験。

馬事公苑は馬事に関する知識や技能の向上を目的に昭和15年開苑した世田谷区用賀にある施設。

1964年の東京オリンピックの競技会場となった公苑は、その後も競馬騎手養成所など日本の馬事の中心的な役割を担い、競技会やホースショー、乗馬体験などが開催されています。
 
馬事公苑
 

馬事公苑の見どころ

馬事公苑の西側は池と樹木の武蔵野の自然が広がるエリア。

鯉やカルガモが生息する日本庭園の池、四季の花が楽しめるお花畑、そして野鳥と出会える武蔵野自然林など自然散策が楽しめます。
 

苑内を巡る散策路は、馬事競技や練習を行っていたコースを利用しているため、アップダウンや障害があってとてもユニーク。

芝生のコースではレジャーシートを広げてピクニックができます。
 
 

グラスアリーナで乗馬体験をしたり、散策路で馬を間近に見たり、馬事公苑は子ども楽しめる場所です。

 

馬事公苑を散策

馬事公苑

馬事公苑の中央にあるグラスアリーナは東京オリンピックの馬事競技が行われた場所。ホースショーや乗馬体験などのイベントが行われています。

馬事公苑

馬事公苑西側のメインアリーナは砂の馬場。競技や練習をしている馬がたくさん。

馬事公苑

馬事公苑の正面入り口からまっすぐのびるメインストリート。東側に広場や庭園、森林地帯。西側は馬の競技場や厩舎。

馬事公苑

メインストリートから東側へ入ると樹木が豊かなエリアに。散策路は馬場のコースのため幅広い砂地。

馬事公苑

ひょうたん池がある日本庭園はとても落ち着いた場所です。

馬事公苑

八重桜と池畔の散策路。馬事公苑はお花見の人気スポットでもあります。

馬事公苑

馬が放牧されている放牧場は、絶好のお花見ポイント。

馬事公苑

サクラ、ヒマワリ、ウメと名づけられた広場には子供向けの遊具が設置されています。

馬事公苑

一年を通して花々が楽しめるお花畑。春はチューリップが色鮮やかに。月・火はお休み。

馬事公苑

武蔵野の自然をそのまま残した武蔵野自然林。100mほどの散策路が通っています。

馬事公苑

ホースギャラリーには馬具や馬の種類についての解説パネルが展示されています。入場無料。月・火休館。

馬事公苑

たくさんの馬を間近に見ることのできる馬事公苑。子供はとても喜ぶと思います。

馬事公苑

馬事公苑内のすべてに馬の練習コースが巡っています。

馬事公苑

馬事公苑正面入口。小田急線経堂駅から行かれる場合はこちらから。

馬事公苑

田園都市線、桜新町駅からはこちらの弦巻門から入ります。

 

馬事公苑へのアクセス

・東急田園都市線「桜新町駅」西口から徒歩20分(1.6km)

・小田急線「経堂駅」南口から徒歩21分(1.6km)
 

バスをご利用の方

渋谷駅から東急バス、または小田急バスの成城学園前駅西口行き(渋24)、祖師ヶ谷大蔵駅行き(渋23)、または用賀駅行き(渋22)に乗車して、「農大前」バス停下車(所要時間27分)

バス停から馬事公苑まで徒歩1分。
 

馬事公苑の駐車場

馬事公苑には駐車場はありませんので、お車の方は周辺の時間貸し駐車場を利用してください。
 

 
ルート検索


住所 東京都世田谷区上用賀2-1-1
TEL:03-3429-5101
公園情報開園日 : 9時~17時(11月~2月は16時まで)  
入園料 : 無料
園内の施設・乗馬
・ホースギャラリー
                   
関連情報