東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
千葉市

千葉公園


千葉公園

千葉公園はボートに乗れるレクリエーション公園

 
千葉公園は、JR千葉駅から徒歩10分の場所にある都心の公園。

千葉市初の総合公園として1957年(昭和32年)に開園した千葉公園は、千葉市内で唯一、ボートに乗れる綿打池(わたうちいけ)を中心に、1万人を収容可能な野球場、子どもプール、体育館等の運動施設などのレクリエーション施設が備わっています。
 

千葉公園の概要

カモやコイが泳ぐ面積13,800平方メートルの綿打池は、千葉公園のシンボル。

江戸時代、この場所の住人だった太郎兵衛が、綿打ちの仕事をしていたことからこの名前がつきました。
 

1952年(昭和27年)に完成した池では、3月から11月までボート遊びが楽しめるほか、ボート池の周りにはお散歩やウォーキングができる600メートルのジョギングコースが巡っています。
 

千葉公園の見どころ

お花見広場と池畔を中心に660本のソメイヨシノが咲く千葉公園は、県内有数のお花見の名所になっています。
 

初夏にはフジやボタン、シャクヤク、夏はハス池に千葉県の天然記念物で、世界最古の花、大賀ハス(おおが)が咲きます。

秋はモミジやイチョウの紅葉鑑賞など、四季を通して豊かな自然の風景が楽しめます。
 
 

また、園内の樹林や草地では、カワセミをはじめ、カモ類、カモメ類、サギ類など40種類の野鳥が観察できます。

 
 
YouTubeでも千葉公園の動画が見れます!icon-external-link (1分36秒)
 
 



千葉公園

南門を入るとすぐに目に飛び込んでくるのが綿打池。通称ボート池と呼ばれているこの池の面積は13,800平方メートルと広大。

千葉公園

冬は松の雪吊りが飾られる中の島。後ろにはモノレール。

千葉公園

貸しボートの乗り場。3月から11月の期間、利用できます。

千葉公園

池畔には600メートルのジョギングコース。

千葉公園

水景を眺められるベンチもたくさん設置されています。

千葉公園

アスレチックや複合遊具で遊べる遊具広場は子どもに人気。

千葉公園

車内に入れるSL機関車。千葉公園のある場所は明治時代、鉄道連帯が鉄道の保守や修理を行っていました。

千葉公園

ボール遊びやピクニックができる目的広場。

千葉公園

スポーツ施設には、50メートルプール、子どもプール、徒歩プールの3つがあります。

千葉公園

公園の西側に広がるお花見広場。シートを広げて宴会もできます。

千葉公園

連隊ラッパ手の訓練が行われていた荒木山。小高い丘の上から公園を見渡せます。

千葉公園

駐茶会や会合に利用できる好日亭。

千葉公園マップ
千葉公園マップ
公式サイト
千葉市役所




住所 千葉県千葉市中央区弁天3-1-1
アクセス自動車 国道126号線 千葉競輪場入り口交差点から500メートル
電 車 千葉駅から徒歩10分 または千葉都市モノレール 千葉公園駅前駅下車
公園情報常時開園
無料
園内の施設貸しボート
3月~11月の9時~16時30分
200円/30分

屋外プール
6月下旬~9月上旬

好日亭 (茶室)
カフェ・ハーモニー (喫茶店)
蓮華亭 (売店)
駐車場50台 無料
9時~17時