東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
東大和市

東大和公園


東大和公園

東大和公園は雑木林とアスレチックの丘陵地

 

東大和公園は1979年(昭和54年)、都立で最初につくられた丘陵地公園。

多摩湖、狭山湖を中心に狭山丘陵に広がる都立公園のひとつです。

 

東大和公園の西側正面口から東へ、そして南から北へ尾根道の散策路が通り、コナラやアカマツなどの雑木林の中、ハイキングが楽しめます。

 
また、正面入り口前に広がる森のあそび場には、子どもが楽しめる林間のアスレチック遊具が設置されています。
 

里山の雑木林

東大和公園は、雑木林の自然や文化をつたえる野外博物館の特徴を持っています。
 
園内は「かんじるエリア」、「まなびのエリア」、「はぐくむエリア」の3つに分けられ、それぞれ、コナラなどの大径木区域、アカマツ林区域、常緑広葉区域など、樹木の種類により区分けされています。




東大和公園

東大和公園の正面入り口は西側に。入口周辺には唯一の広場があります。

東大和公園

正面入り口の右手にはちょっと神秘的な雰囲気のときどき池。

東大和公園

木製遊具がある森のあそび場。



東大和公園

樹林に囲まれた森のあそび場には滑り台やアスレチック施設があります。

東大和公園

自然のままの姿を残した東大和公園にベンチなどの休憩所はほとんどありません。写真のベンチは尾根に。

東大和公園

東大和公園の中央部を南北に通る散策路。散策路の東側は雑木林に覆われた道が続きます。

東大和公園

東側の円乗院へと続くやすらぎの道。

東大和公園

東大和駅から歩いて行くと円乗院が公園入口の目印。お寺の左手が丘陵公園の入り口。雑木林に囲まれたやすらぎの道へと続きます。

東大和公園

芝生の広場は一箇所。正面入口、南側の高台にあります。

公式サイト
西武・狭山丘陵パートナーズ

狭山丘陵の自然の姿をそのまま残した東大和公園には、森のあそび場のアスレチック遊具以外に、広場やレジャー施設ありません。
自然の景色を眺めながらハイキングを楽しむ公園です。
東には狭山公園、西には狭山緑地が広がり、東大和公園からはそれぞれ徒歩15分ほどで行けます。





住所 東京都東大和市湖畔3、高木1、狭山3
アクセス自動車 新青梅街道 奈良橋庚申塚交差点を北へ
電  車 西武多摩湖線 武蔵大和駅 徒歩15分
公園情報常時開園 無料
園内の施設木製遊具
駐車場なし