東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
ひたちなか市

ひたち海浜公園は一日中遊べる大きな公園


ひたち海浜公園



ひたち海浜公園 | 茨城県

 
国営ひたち海浜公園は東京ドームの40倍もの敷地を持つ、茨城県を代表する観光地。

7つのエリアに分かれた園内では、太平洋からの潮風を浴びながら、家族で一日中アウトドアレジャーが楽しめます。

 
主なエリアの特徴
 

花の絨毯と太平洋の海原が見れるみはらしエリア

里山で自然の生態系を観察できる樹林エリア

大観覧車やゴーカートなど、約30種のアトラクションが揃うプレジャーガーデンエリア

アスレチックとバーベキューが楽しめる草原エリア

海浜の動植物とふれあえる砂丘エリア

 

絶景のお花畑

ひたち海浜公園は四季を通して草花を楽しむことができます。

 

早春に咲く100万本のスイセンにはじまり、チューリップ、400万本のネモフィラ、ポピー、夏にはヒマワリや4,000株のバラ、そして秋には500万本ものコスモス。

 

みはらしの丘の一面に広がる花壇の風景は、ひたち海浜公園でしか見ることのできない絶景です。





基本情報

入園料有料
バーベキュー場
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール×
駐車場

ひたち海浜公園

7つのお花畑では四季それぞれの花が楽しめます。中でも太平洋を望むみはらしの丘は360度の大パノラマが楽しめる感動的な風景。

ひたち海浜公園

春には可憐なネモフィラ、秋には真っ赤に紅葉したコキアやコスモスが丘を埋め尽くします。

ひたち海浜公園

空も海も花も青一色の春のみはらしの丘。

大洗の海

太平洋に面した丘からの眺望。間近に大洗の海が見えます。

ひたち海浜公園

5月にシャーレーポピー、10月にコスモスが見頃を迎える中央フラワーガーデン。

ひたち海浜公園

100万本の花が咲くお花畑の中を散策路が巡っています。



ひたち海浜公園

ここだけでもひとつの公園になりそうな広さの大草原。ボール遊びやかけっこなど体をのびのびと動かせる場所。

ひたち海浜公園

人里の風景を再現した砂丘ガーデン。オニユリなどの植物や面白いカタチの岩を見ることが。

ひたち海浜公園

海岸沿いのサンドガーデン。潮風を浴びながら海浜植物を鑑賞。

ひたち海浜公園

松林の中のバーベキュー広場は27サイト。予約すれば無料で使用できます。

ひたち海浜公園

広い園内はレンタサイクルで周るのがおすすめ。サイクルセンターは各ゲートに。

ひたち海浜公園

豊かな自然と季節のお花がいっぱいのひたち海浜公園。一日では遊びつくすことのできない広さと豊富なアトラクションが自慢。

ひたち海浜公園

直径40mの水のステージ。周辺にはカスケードや噴水が設置されています。

ひたち海浜公園

入口は中央ゲート、翼のゲート(西口)、赤のゲート(南口)、風のゲート(海浜口)の4箇所。

ひたち海浜公園

中央ゲート、赤のゲートは南駐車場、翼のゲートは西駐車場、風のゲートは海浜口駐車場が便利。




ひたち海浜公園のマップ

空と海を背景に、みはらしの丘に咲くネモフィラ(4/下旬-5/下旬)とコスモス(9/下旬-11/上旬)は感動的な風景。

住所 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
アクセス自動車 常磐自動車道→北関東自動車道 ひたち海浜公園ICから1km
電  車 JR常磐線 勝田駅からバス(約15分)
公園情報開園時間 9時30分~17時 (7月下旬~8月は18時、11~2月は16時30分まで)
休園日 月曜日、年末年始 但し春休み、夏休み、大型連休期間長は無休
入園料 450円
園内の施設レンタサイクル 400円/3時間
シーサイドトレイン 600円
プレジャーガーデン(大観覧車、ジェットコースターなどのアトラクション)200~600円/1回
パターゴルフ 600円~
バーベキュー場 27サイト 無料 要事前予約 手ぶらも可
駐車場西駐車場、南駐車場、海浜口駐車場 3箇所合計4,350台
510円/1日