砧公園 | 関東公園ガイド [パークナビ]
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
世田谷区

砧公園


砧公園で子連れピクニック
みんなの広場の遊具であそぼう

 
砧公園(きぬたこうえん)は、世田谷区用賀にある、おおきなファミリーパーク。
 
園内には、2020年にオープンしたみんなの広場や、アスレチック遊具の子供の森。
ピクニックやボール遊びができる大芝生広場など、家族で一日楽しめる場所がたくさんあります。
 
 
この記事では、子連れで砧公園へ行く方のために、砧公園の子供の遊び場と、ピクニックにおすすめの場所を紹介します。

 

 
 
GoogleEarthで砧公園の3D映像を見る icon-external-link (1分32秒)
パークナビのYouTubeチャンネルへ移動します
 

1.砧公園の概要


砧公園の敷地面積は39ヘクタールと、都立公園の中では9番目の広さがあります。
 
砧公園の前身は、都立のゴルフ場でしたが、多くの都民にレクリエーションの場を提供する目的から、1966年(昭和41年)5月、砧ファミリーパークとして開園しました。
 
 
園内の東側は、みんなの広場や子供の森、そして野球場やサッカー場など、遊びとスポーツのエリア。
世田谷美術館もあります。
 
一方の西側は、広大な芝生広場を中心に、バードサンクチュアリや吊り橋、小川など、自然の景観が広がるエリア。
930本の桜が植えられているファミリーパークは、お花見の名所になっています。
 
 
砧公園の入口は6箇所ありますが、用賀駅やバスを利用して行く方は、環八沿いの正門。
 
車で出かける方は、環八から50メートルほど西側にある、駐車場入口を利用してください。
 

2.新しくなったみんなの広場

砧公園の環八沿いにひろがる、みんなの広場は、以前、アスレチック広場と呼ばれていた場所。
 
2020年3月に、インクルーシブ遊具が設置されたみんなの広場としてオープンしました。
 
インクルーシブとは、「包括的な」「包み込む」という意味。
 
みんなの広場には、車いすに乗ったままでも楽しめる複合遊具や迷路など、障害をもつ子どもも、そうでない子どもも一緒に遊べるよう工夫された、ユニバーサルデザインの遊具が設置されています。
 
 
遊具だけではなく、みんなの広場は、ケガや事故のリスクを減らすため、地面はクッション性に優れたゴムチップ舗装、アスファルト部分は滑りにくい樹脂系舗装になっていて、段差もなく、車いすでもスムーズに移動できるよう工夫がされています。
 
みんなの広場の全景
 
みんなの広場の遊具
 
 
みんなの広場の一角には、スプリング遊具やネット遊具が設置されているわくわく広場があります。
 
わくわく広場は7歳未満の未就学児専用の遊び場。
利用には保護者の同伴が必要です。
 
 
みんなの広場は日影が少ないので、夏場は帽子や水分補給など、子供の熱中症対策を忘れずにしてください。
 
広場ではレジャーシートを広げることもできますが、日よけになるものがありませんので、日差しの強い季節は避けた方が良いでしょう。
 
みんなの広場には、屋根付きのベンチがあるパーゴラが設置されています。
 
 
みんなの広場とわくわく広場は、柵に囲まれていて、利用できる時間が決まっています。
 
利用時間
4月~8月 9時から17時
9月~3月 9時から16時
 

3.子供の森のアスレチック

砧公園のほぼ真ん中、樹木に覆われた子供の森には、幼児向けのアスレチックをはじめ、ブランコ、滑り台、ジャングルジムなどの遊具や、健康遊具が設置されています。
 
子供の森の大部分は日陰になっていて、ベンチやテーブルがたくさんありますので、子供と一緒にピクニックも楽しめる。
 
また、昆虫と触れ合ったり植物を観たり、秋はどんぐり拾いなど、子供の情操に役立つ遊びもできます。
 
 
尚、バーベキューがしたくなるような自然の景観がひろがっている子供の森ですが、残念ながら砧公園にはバーベキュー場はなく、また、火器の使用も禁止されています。
 

4.砧公園の雑木林で虫捕り

砧公園は、都内では珍しいカブトムシが捕れる公園として有名です。
 
園内の各所に、カブトムシやクワガタが集まるクヌギとコナラが植わっていますが、とくに大蔵門から谷戸川に挟まれた雑木林が虫捕りのメッカ。
 
カブトムシは6月下旬から8月上旬まで、捕ることができます。
 
 
カブトムシは朝方、または夜7時頃から9時頃にかけて活動するので、早朝または晩ごはんのあと、子どもと一緒に虫捕りに出かけてみてはいかがでしょうか。
砧公園は、24時間開放されています。
 
園内の売店には、虫捕り網や虫かごも売っていますが、売店の開いている時間帯は、成果は望み薄です。
 

5.ファミリーパークでピクニック

砧公園の敷地の約半分を占めているのが、大芝生のファミリーパーク。
 
砧公園の前身がゴルフ場だったこともあって、ファミリーパークはなだらかな斜面がつづく広大な広場。
 
レジャーシートをひろげてピクニックをしたり、ボール遊びや凧揚げを楽しんだり、家族で思い思いの時間を過ごすことができます。
 
 
ファミリーパークには、犬の連れ込みと、自転車の乗り入れはできませんが、ファミリーパークの外周が、約1.7キロメートルのサイクリングコースになっています。
(自転車の貸し出しはありません)
 
また、砧公園にはドッグランはありませんが、ファミリーパークの南側に、愛犬の散歩コースが整備されています。
 

6.ピクニックができる休憩所

砧公園は、テントやテーブル、イスの持ち込みは禁止されていますので、ピクニックならレジャーシートとお弁当がマストアイテム。
 
でも、園内には屋根付きの休憩所や、お弁当をテイクアウトできる売店もありますので、手ぶらでも大丈夫です。
 
 
ベンチとテーブル、そして屋根もついている休憩所は3箇所。
 
みんなの広場の西側にある梅林の四阿。
ねむの木広場の休憩所。
また、パークス砧美術館前店では、店内飲食もできます。
 
 
砧公園にはキッチンカーは出店していませんが、パークス砧梅園前店と美術館前店では、焼きそば、カレー、おにぎりなどの食べ物から、飲み物までテイクアウトすることができます。
 
 
犬と一緒でしたら、ペット同伴で食事ができるセタビ・カフェもおすすめ。
世田谷美術館の前にあるカフェでは、おしゃれな雰囲気の中でランチが楽しめます。
 
ただし、オープンエアーですので、寒い日は避けた方が賢明。

セタビ・カフェ

 

 

7.砧公園へのアクセス

東急田園都市線「用賀駅」南口から徒歩13分(1.0km)
 
・バスを利用する

用賀駅から東急バスの美術館行き(用22)に乗車して終点で下車。
(所要時間15分)
バス停から砧公園まで徒歩2分(150m)
 

小田急線「千歳船橋駅」から、東急バスの田園調布行き(園01)に乗車し「砧公園緑地入口」バス停で下車。
(所要時間9分)
バス停から公園まで徒歩1分。
 

小田急線「成城学園前駅」南口から、東急バスの都立大学駅北口行き(都立01)に乗車して「岡本一丁目」バス停で下車。
(所要時間12分)
バス停から公園まで徒歩3分(190m)
 

8.砧公園の駐車場

砧公園の駐車場は、環八通りの世田谷清掃工場前交差点を曲がり美術館通りの左手にあります。
 
利用時間:24時間
料金:1時間300円 以降20分100円
収容台数:236台
 

 
ルート検索


住所 東京都世田谷区砧公園1-1
TEL 03-3700-0414(公園サービスセンター)
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設・みんなの広場(遊具施設)
利用時間 : 9時~16時(4月~8月は17時まで)

・アスレチック広場
・チリリン広場
・バラ園
・サイクリングコース
・犬の散歩コース
・バードサンクチュアリ
・野球場
・サッカー場

・売店
営業時間 : 9時~17時
定休日 : 月曜日 年末年始

・世田谷美術館
                   
関連情報