こども自然公園 | 横浜でいちばん大きな公園でピクニック
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
横浜市旭区

こども自然公園


こども自然公園

こども自然公園でピクニック。

 
こども自然公園は大池を中心に丘と谷戸の地形をそのまま活かした横浜でいちばん大きな公園。

通称、大池公園とも呼ばれている池の周りではピクニックやバーベキュー、野鳥観察や釣りなど、アアウトドアレジャーが楽しめます。
 
こども自然公園マップ
こども自然公園マップ
 

こども自然公園の概要

こども自然公園は、大池を中心にした丘陵地に自然の景観が広がり、四季折々の景観を楽しむことができます。

お弁当を広げる場所に適したピクニック広場や草地広場、野鳥観察や釣りができる大池など、自然と触れ合える場所がたくさん。
 
 
子どもに一番の人気は、とりでの森の冒険遊具。
6歳~12歳を対象とした、アスレチックの要素をたくさん盛り込んだ遊具は、他の公園には見られないスケールです。

また、万騎ヶ原ちびっこ動物園や青少年野外活動センター、耕作体験ができる教育水田など、教育向けの施設も充実しています。
 

こども自然公園を散策

こども自然公園

斜面につくられた大型アスレチック遊具はこども自然公園で一番の人気。他に類を見ないスケールと楽しさです。

こども自然公園

30メートルほどのコースには綱渡りやハシゴ、滑り台など楽しい仕掛けが。6歳から12歳の小学生が対象。

こども自然公園

バーベキュー場は斜面に30テーブルも。手ぶらでも持ち込みでも利用可能です。

こども自然公園

公園の真ん中にある大池。釣りをしている人が大勢。

こども自然公園

水鳥が見られる中池ではバードウォッチング。

こども自然公園

ニワトリやモルモットと触れ合えるちびっこ動物園。

こども自然公園の見どころ

こども自然公園の東側には千本の桜が植えられている桜山があります。
桜山には見晴らしの良い尾根道が通っているので、お花見シーズンはもちろん、一年を通して自然散策が楽しめます。
 
 
こども自然公園を一周ぐるっと周れば2時間ほど。

自然散策なら第一または第三駐車場を利用して、高台のバーベキュー広場から大池のある低地へ向かうコースがおすすめ。

 
YouTubeでもこども自然公園の動画が見れます!icon-external-link (1分13秒)

こども自然公園

大池と中池の池畔には芝生と散策路が。

こども自然公園

中池の周辺には湿性植物を見れるボードウォークが巡っています。

こども自然公園

千本の桜が植えられた桜山と尾根道。お花見シーズン以外は人気も少なく自然を堪能できます。

こども自然公園

バーベキュー広場から桜山へと続く見晴らしのいい尾根道。

こども自然公園

芝生広場や草地広場などこども自然公園にはピクニックに絶好の場所がたくさん。

こども自然公園

こども自然公園の駐車場。

 

こども自然公園へのアクセス

こども自然公園へのアクセスは、相鉄線「南万騎が原駅」東口から徒歩8分(600m)、または「二俣川駅」南口から徒歩21分(1.6km)
 
バスを利用する場合は、二俣川駅南口から相鉄バスの東戸塚駅西口行き(旭6)に乗車して「万騎が原中央」または「万騎が原大池」バス停で下車(3分)

バス停からこども自然公園までは徒歩2分(180m)です。
 

こども自然公園の駐車場

こども自然公園には駐車場が三ケ所あります。
バーベキュー場に近い第一駐車場の収容台数は95台。ピクニック広場に近い第二駐車場は196台、第一駐車場の向かいにある第三駐車場は47台。

また、混雑時に開設される臨時駐車場は49台収容が可能です。
 

 
ルート検索


住所 神奈川県横浜市旭区大池町65-1
アクセス相鉄線 南万騎が原駅東口から徒歩8分
二俣川駅南口から徒歩21分
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
面積 : 46ha
開園 : 昭和47年6月
園内の施設・バーベキュー場
平日 2,000円 土日祝日 2,500円/1サイト
予約は一か月前から
利用期間
3月~11月
・万騎が原ちびっこ動物園(野毛山動物園の分園)
・売店
・野球場
駐車場第1駐車場 95台
第2駐車場 196台
第3駐車場 47台
2時間300円 以降20分50円
                   
関連情報