東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
小金井市

小金井公園


小金井公園

小金井公園は都立でいちばん大きな公園

小金井公園は、玉川上水と石神井川に挟まれた位置にある都内最大級の広さを誇る都立公園。

その広さは東京ドームの16倍も。

 
一番広いわんぱく広場をはじめ、子供広場、いこい広場、つつじ山広場と、園内には多くの広場と、バーベキュー場、遊具施設などあり、家族で一日中ピクニックが楽しめます。

 

小金井公園は都内屈指の紅葉スポット

小金井公園の秋は、サクラやクヌギ、コナラが色づき、見渡す限りの紅葉風景。

 

紅葉の見ごろは11月中旬から下旬。
イロハモミジ、桜、ケヤキ、ブナ、コナラなど、園内の1/4を占める雑木林と桜の園が黄色と赤に染まります。

 

晩秋は、ユーカリ広場の250本のイチョウが落葉し、黄色い絨毯で覆われます。

 

紅葉とたてもののライトアップ

11月下旬の金土日は、小金井公園の西側にある江戸東京たてもの園が夜間特別開園され、紅葉と古民家のライトアップが楽しめます。

 

光で照らされた紅葉と歴史的建造物の風景は幻想的。

クラシックコンサートなどのイベントも開催されます。

ライトアップは16時30分~20時
 

小金井公園の春は1,700本の桜

小金井公園は江戸時代から玉川上水沿いの桜並木、小金井桜の伝統を受け継ぎ、山桜を中心とした桜の名所としても有名。
日本さくら名所100選にも選ばれています。
 

ヤマザクラ、サトザクラ、ソメイヨシノなど1,700本もの桜が春の風景を演出します。

 

桜の見ごろの時期には小金井桜まつりが開催。
コンサートや出店など大勢の花見客で賑わいます。

ライトアップされた夜桜も美しい。

 

桜の見ごろ
3月下旬~4月上旬
 
 
YouTubeでも小金井公園の動画が見れます!icon-external-link (1分21秒)



小金井公園

小金井公園の紅葉の見ごろは11月中旬から下旬。

小金井公園

モミジ、桜、ケヤキ、ブナ、イチョウなどの紅葉が公園中で観られます。

小金井公園

小金井公園の中で一番広いいこいの広場。武蔵野丘陵の緩やかな斜面がそのまま生かされた草地です。

小金井公園

いこいの広場の東側にはこども広場。広場を囲むようにサイクリングコースが通っています。

小金井公園

小金井公園の南側にある桜の園。

小金井公園

2月のカンザクラから12月のフユザクラまで、小金井公園ではほぼ一年中、季節の花を観賞できます。



小金井公園

無料のドッグラン。利用は登録制になっています。

小金井公園

サイクリング施設が充実している小金井公園。こども広場から石神井川に掛けて子供向けのサイクリングコースが。

小金井公園

小金井公園東側にあるゆりの木広場。

小金井公園

園内東側のユーカリ広場はバーベキューができる広場。予約不要で、当日サービスセンター、またはスポーツ施設管理センターに届け出をすれば利用可能。

小金井公園

子供の広場にはソリやアスレチックなど、多くの遊具が完備されています。

小金井公園

駐車場は500台以上のスペースがありますが、休日は午前中には満車状態。

江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園前の広場。正面が江戸東京たてもの園入口。

小金井公園

ローラースケートも出来る槻の木広場。

小金井公園

なだらかな斜面に広がる、つつじ山広場。

公式サイト
東京都公園協会

都内最大級の広さを有する小金井公園は、自然散策はもちろん併設されているたてもの園もおすすめ。
歴史ある佇まいの商店や古民家など、興味深いたてものを見学することができます。





住所 東京都小金井市桜町など
アクセス自動車 首都高4号 高井戸IC→環八→井の頭通り→五日市街道 (11km)
電 車 JR中央線 武蔵小金井駅からバス10分 または東小金井駅から徒歩20分
公園情報常時開園 無料
園内の施設ドッグラン(登録制)
バーベキュー場 持ち込み(無料)・手ぶら(有料)
レンタサイクル 210円/1h
江戸東京たてもの園 (大人 400円、都内在住または在学の中学生以下 無料)
駐車場二か所 568台 24h 300円/1h