駒場野公園 | 自然観察舎で里山ぐらしができる目黒区の公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
目黒区

駒場野公園


駒場野公園

駒場野公園は昆虫や野鳥が生息する雑木林。

 
駒場野公園のある場所は明治時代、農業の近代化を目的に設立された駒場農業学校があったところ。

学校はその後、東京帝国大学、農科大学、そして東京教育大学農学部となり、昭和53年に茨城県のつくばへ移転。

その跡地に造られたのが駒場野公園です。
 

全国から集められた雑木林や、ソメイヨシノをはじめ19品種の桜が植えられていている駒場野公園では、里山景色の中でバーベキューやお花見が楽しめるほか、自然観察舎では昆虫観察や農作業などの体験ができます。
 

駒場野公園の自然観察舎で里山体験

駒場野公園の雑木林の管理や公園の自然を地域に伝える活動を行っているのが駒場野自然クラブ。

クラブの活動拠点となっている自然観察舎では、解説員が常駐し駒場野公園の自然についてわかりやすく説明してくれます。

 
昆虫観察や田んぼ作業、炭焼きなど子どもも参加できる里山体験プログラムも人気。
 
YouTubeでも駒場野公園の動画が見れます!icon-external-link (1分16秒)
 

駒場野公園を散策

駒場野公園

駒場野公園の入り口から続く雑木林の散策路。クワガタやセミなどの昆虫に出会えます。都会とは思えない森の風景。

駒場野公園

北国の林、関東・関西の雑木林、南の国の林など、全国の県木を集めた森。写真は公園内で一番広いエノキの広場。

駒場野公園

炉と炊事場が備え付けられているデイキャンプ広場。駅からのアクセスが良いので、週末はバーベキューの利用者で賑わいます。

駒場野公園

ボランティア解説員が常駐する自然観察舎。四季の写真の展示や、里山体験のプログラムも行われています。

駒場野公園

広場の真ん中にあるローラー滑り台と砂場。飛び地の多目的広場には、複合遊具が設置されています。

駒場野公園

農業発祥の地とされるケンネル田んぼ。駒場農学校時代、ドイツから赴任した教師の名前から付けられました。

駒場野公園

水遊びができるながれとジャブジャブ池。

駒場野公園

園内にはバードサンクチュアリや野草園など、自然とふれあえる場所がいくつもあります。

駒場野公園

巨木とベンチの数が多い駒場野公園。平日は東大の学生や、近隣の住民がのんびり過ごしている姿を見かけます。

 

駒場野公園へのアクセス

・京王井の頭線「駒場東大前駅」西口から徒歩1分
 

駒場野公園の駐車場

駒場野公園には駐車場はありませんので、お車の方は周辺の時間貸し駐車場を利用してください。
 

 
ルート検索


住所 東京都目黒区駒場2-19-70
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
開園日 : 昭和61年3月31日
面積 : 39,025.29平方メートル
園内の施設・自然観察舎(駒場野自然クラブ)
開園時間 : 9時30分~16時30分
休館日 : 月曜、火曜、年末年始
利用料 : 無料 (予約不要)
活動例 : 草刈り、田んぼの整備、昆虫や植物の観察

・バーベキュー場
利用時間 : 9時~16時
定休日 : 年末年始
要予約
利用する日の2か月前の毎月1日から、駒場野公園管理事務所で先着順
                   
関連情報