東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
世田谷区

駒沢オリンピック公園でサイクリング


駒沢オリンピック公園




豊かな自然と運動施設

駒沢オリンピック公園は野球場、陸上競技場、そして室内体育館など園内の2割程度を占めるスポーツ公園。

 

昭和39年に開催された東京オリンピックの第二会場として、バレーボールやサッカー競技が行われた場所でもあります。

 

スポーツを楽しむ人はもちろんですが、駒沢オリンピック公園には芝生広場、1,000本の桜並木、そして池など自然を生かした場所も多く緑が豊か。

子供が遊べるサイクリングコースも整備され、家族でくつろげる自然公園です。




基本情報

入園料無料
バーベキュー場×
ドッグラン
キャンプ場×
水遊び・プール
駐車場

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園の中央広場にそびえるオリンピック記念塔はこの公園のシンボル的な存在。

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園西側の道。紅葉とお花見シーズンにおすすめのコース。

駒沢オリンピック公園

公園を一周するサイクリングコースとジョギングコースはそれぞれ約2km。

駒沢オリンピック公園

サイクリングコースは一周2.1kmから幼児も楽しめるショートコースまで3種類。写真はサイクリングセンター隣のチリリン広場。

駒沢オリンピック公園

駒沢公園通りからのエントランス。駒沢オリンピック公園には1,000本もの桜とケヤキが植樹されてます。

駒沢オリンピック公園

幼児向けの水遊び場として夏に開放されるジャブジャブ池。



駒沢オリンピック公園

スケートボードやアスレチック施設のある広場。

駒沢オリンピック公園

動物の名前にちなんで名づけられた児童向けの「うま」「ぶた」「りす」の公園。

駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園の中心にあるオリンピック記念塔。塔の下には当時の聖火台も。

駒沢オリンピック公園

春高バレーなどが行われている体育館の正面口。

駒沢オリンピック公園

体育館のB1Fにはオリンピックメモリアルギャラリー、スポーツウエアショップ、レストランが。

駒沢オリンピック公園

駒沢通りに面したエントランス。バスケットボールを楽しむ若者が。

駒沢オリンピック公園

駒沢通りをはさみ南側はテニスコートと屋内外の球技場。北側と南側を結ぶ2本の橋が掛かっています。

駒沢オリンピック公園

ドッグランは第二駐車場の正面、駒沢通り沿いに。公園施設を利用したスペースのため芝生広場はありません。

駒沢オリンピック公園

駐車場は自由通り沿いの第一と、駒沢通り沿いの第二の二箇所。写真は第二駐車場。



駒沢オリンピック公園マップ

訪れる前はスポーツをする方の公園とイメージしていましたが、園内には意外に芝生や樹林などの緑が溢れ、散策だけでも十分に楽しむことができます。
もちろんジョギングやサイクリングをしている老若男女は大勢。
周辺の公園

住所 東京都世田谷区駒沢公園1-1
アクセス自動車 駒沢通り 東京医療センター交差点
電  車 東急田園都市線 駒沢大学徒歩15分
公園情報常時開放 無料
園内の施設じゃぶじゃぶ池 夏季のみ
ドッグラン 要登録
貸し出し自転車 100円~/1h 9時~16時30分
駐車場第一駐車場 181台
第二駐車場 42台
300円/1h