駒沢オリンピック公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
世田谷区

駒沢オリンピック公園


駒沢オリンピック公園

駒沢オリンピック公園でサイクリング。

 
駒沢オリンピック公園は、1964年の東京オリンピックの競技施設を一般に開放したスポーツとレクリエーションの公園。

自転車の練習ができるチリリン広場やピクニックが楽しめる自由広場、そして遊具のある児童公園など、子どもの外遊びや子連れピクニックにおすすめの公園です。
 
この記事ではサイクリングとピクニックを中心に、駒沢オリンピック公園の楽しみ方を紹介します。
 


 

チリリン広場で自転車の練習

駒沢オリンピック公園には、幼児から大人まで利用できる3つのサイクリングコースが整備されています。
 
補助輪付きの自転車も借りられる、一周320メートルチリリンコースは、少し自転車に乗れるぐらいになった子供のための練習コース。

レンタサイクルは補助輪なしの自転車が14インチ、16インチ、18インチの三種類、補助輪付きは16インチの一種類です。
 
年齢の目安は14インチが3歳~4歳(身長85~93cm)、16インチは3歳~5歳(95~110cm)、そして18インチは4歳~6歳(105~115cm)です。
 

チリリンコースの付属練習場として、未就学児が保護者付き添いのもと練習できる160メートルのチリリン広場も完備されています。

チリリン広場の自転車は12インチと14インチで、すべて補助輪付きです。

サイクルセンター
チリリンコースの横にあるサイクルセンター。200台以上の貸自転車をストックしていますが、週末は順番待ちの列ができることもあるので早めに出かけましょう

チリリン広場
円に沿って走る練習をするチリリン広場には、機関車トーマスやハローキティなどのキャラクター自転車が揃っています。ヘルメットも無料で借りられます

 
軟式野球場を周回する800メートルのファミリーコースは、ペアペアと呼ばれる特殊四輪自転車の専用コースです。

保育園の子どもが外遊びをするときに、保育士さんが園児を乗せて押しているカートに、自転車を取り付けたような恰好の特殊四輪自転車は、最大で大人2名、子ども4名まで乗れるので、家族で楽しめます。
 

特殊自転車は貸し出し時間と台数が決まっていて、日曜日の10時11時12時13時14時、そして15時6回。

貸し出しは10台で、各回の30分前から整理券が配られます。
 
サイクリングコースマップ
サイクリングコースマップ
出典:東京都公園協会
 

駒沢オリンピック公園の外周には、2,080メートルのサイクリングコースが整備されています。

サイクリングコースでは自転車の貸し出しは行われていませんので、自転車は持ち込みになります。
 

コースはジョギングコースと兼用されているため、スピードが出過ぎないようカーブをつくるなど、安全面に配慮した設計になっていますが、イヤホンで音楽を聴きながら走行したり、乱暴な運転をするなどの危険な行為はしないでください。

サイクリングコース
アップダウンがほとんどないコースは内側が自転車専用レーン、外側はジョギングレーン。走行は左回り(反時計回り)の一方通行です

サイクリングコース
緑が多いサイクリングコースでは、新緑や紅葉など季節ごとの自然の風景が堪能できます。スタートやゴール地点はありませんので、自分のペースで楽しめます

 

自由広場でピクニック

自転車であそんだ後は、お弁当タイム。

サイクリングコースの周辺にも芝生広場がありますが、駒沢オリンピック公園でピクニックをするなら、記念塔の北側に広がっている自由広場がおすすめです。

レジャーシートをひろげたりテントが張れる場所がたくさんある自由広場は、週末はピクニックを楽しむ家族連れで賑わいます。

お弁当の後は、鬼ごっこをしたりボールあそびもできます。
 

駒沢オリンピック公園には食べ物や飲み物をテイクアウトできる売店やレストランがありますし、自由通り沿いにもおしゃれなカフェが点在していますので、お弁当は現地調達でも大丈夫。売店にはビールやおつまみも揃ってます。

自由広場
樹木にかこまれた自由広場では春はお花見、秋はどんぐり拾いや紅葉狩りができます。ベンチも設置されていますが週末は混雑するので敷物があった方が安心です
駒沢オリンピック公園
売店ではシャボン玉やゴムボールなどの遊具も販売されています

 

遊具あそびができる児童公園

駒沢オリンピック公園には、ぶた、りす、うまと名付けられた児童公園が三ケ所あり、大きな滑り台やブランコ、砂場などの遊具が設置されています。
 
自由広場の隣にあるぶた公園はピンクのぶたのすべり台とトンネル、公園南口に近いりす公園はおおきな壁を滑り降りる遊具、そして、チリリンコースの隣のうま公園はカラフルなアスレチック風の遊具が象徴的。

りす公園の遊具は幼稚園児から小学校低学年の子ども向け、ぶた公園とりす公園は未就学児向けです。
 

7月中旬から8月末の期間は、水遊びができるジャブジャブ池もオープン。

駒沢オリンピック公園には子どもの遊び場がたくさんあるので一日中楽しめます。

りす公園
公園名のうま、ぶた、りすは、それぞれの動物にちなんだ遊具があるから。平日は近所の子どもが利用する程度ですが週末は込み合います
ジャブジャブ池
例年、7月中旬の土曜日から8月下旬の日曜日まで利用できるジャブジャブ池の利用は小学3年生以下。池には屋根がなく日光を直接浴びるので子どもの体調には気を使ってください

 

オリンピック記念塔
中央広場にそびえる高さ50メートルのオリンピック記念塔は、1964年に開催された東京オリンピックのシンボル。塔の東側の池には当時使用された聖火台が残っています。また、記念塔の前の中央広場ではフリーマーケットなどのイベントが開催されます
ドッグラン
無料で利用できるドッグランは第二駐車場の正面、駒沢通り沿いにあります。施設は大型犬用と小型犬用にわかれていて、それぞれに屋根付きのベンチと水飲み場が備わっています

 
駒沢オリンピック公園マップ
駒沢オリンピック公園マップ
 

駒沢オリンピック公園へのアクセス

・東急田園都市線「駒沢大学駅」から徒歩6分(500m)

・東急東横線「学芸大学駅」から徒歩25分(1.9km)
 

バスを利用する場合

・渋谷駅西口から東急バスの田園調布駅行き(渋11)に乗車して、「駒沢公園東口」バス停で下車。(所要時間18分)

・渋谷駅西口から東急バスの等々力行き(渋82)に乗車して、「駒沢公園西口」バス停で下車。(所要時間22分)
 

駒沢オリンピック公園の駐車場

・第一駐車場(181台)

場所:自由通り沿い
利用時間:24時間
料金:1時間400円 以降30分200円
 

・第二駐車場(42台)

場所:駒沢通り沿いテニスコート側
利用時間:24時間
料金:1時間400円 以降30分200円
 

・専用駐車場(61台)

場所:駒沢通り沿い陸上競技場側
利用時間:24時間
料金:1時間300円 以降30分100円
 

・きりんさんパーキング(225台)

場所:駒沢通り沿い屋内球技場傍
利用時間:7時~23時(最終入庫 20時)
料金:1時間300円 以降20分100円
 

※イベント開催日には貸切になる場合があります。
 

 
ルート検索


住所 東京都世田谷区駒沢公園1-1
TEL : 03-3421-6431 (公園管理事務所)
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設・貸し出し自転車
利用時間 : 9時~16:30分
定休日 : 月曜日 年末年始
料金:
チリリン広場(12,14インチ) 1時間100円
チリリンコース(14,16,18インチ) 1時間100円
ファミリーセンター(四輪自転車) 1時間210円

・じゃぶじゃぶ池
開放期間 : 7月中旬~8月下旬
定休日 : 不定休
開放時間 : 10時~16時
対象者 : 小学3年生以下

・ドッグラン
利用時間 : 9時~17時
定休日 : 年末年始
料金 : 無料(要事前登録)

・売店、レストラン
営業時間 : 9時~17時
定休日 : 木曜日 年末年始

・Mr.FARMER(世田谷産野菜食堂)
営業時間 : 9時~21時(土日祝日は7時から)
定休日 : 年中無休
                   
関連情報