東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
府中市

府中市郷土の森博物館


郷土の森博物館
お知らせ
・常設展示室・企画展示室は、改修工事のため2022年4月頃まで休室中。プラネタリウムおよび園内は通常通り営業しています
 

郷土の森博物館は梅とアジサイの名所

 
府中市郷土の森博物館は、武蔵野の台地と多摩川の自然を利用して造られた府中の自然と歴史に関するテーマパーク。
早春の梅と初夏の紫陽花の名所でもあります。
 

郷土の森博物館の概要

府中市郷土の森博物館は、プラネタリウムや展示場がある博物館と、緑地ゾーンに分かれています。

多摩川沿いに広がる緑地ゾーンは、昭和初期の建物8棟を移築・復元しているほか、水田や稲作農家、水車小屋などが配され、かつての府中の町が再現されています。

また、芝生広場や水遊びの池など、子どもが遊べる施設も充実。
 
府中市郷土の森博物館では、梅や紫陽花、ハナモモなど四季折々の花木が楽しめます。
 
 
正門を入って右側にある博物館では、府中の歴史や文化を紹介しているほか、プラネタリウムや喫茶室もあります。



府中市郷土の森博物館

郷土の森博物館の入り口。ここは博物館ですので入園料ではなく、博物館の入場料として料金を支払います。

府中市郷土の森博物館

200mほど続く府中のけやき並木。正面と左手には建移、築復元された明治から昭和初期の建物が。

府中市郷土の森博物館

大正時代のモダンな洋風建築の府中町役場は1921年に竣工。東京都指定有形文化財です。

府中市郷土の森博物館

旧府中町役場の内観。パネルで当時の模様が解説されています。

府中市郷土の森博物館

薬屋を営んでいた島田家住宅はドラッグストアの前身。復元されている8棟はすべて府中市内に実在していた建物。 

府中市郷土の森博物館

尋常小学校の中は当時の教室が再現されているほか、昭和時代の学校にまつわる資料や備品も展示。



府中市郷土の森博物館

江戸後期から明治の府中宿を代表する商家。明治天皇が休憩所や宿所として利用された場所。

府中市郷土の森博物館

博物館はプラネタリウムや歴史展示室、カフェなど。展示室では府中の歴史や自然に関する資料が。

府中市郷土の森博物館

緑と水の豊かな郷土の森博物館は自然公園としても十分。武蔵野の台地と多摩川の流れを利用した敷地は起伏に富み自然散策に最適。

府中市郷土の森博物館

水遊びの池。GWから夏は子供たちで盛り上がる場所です。

府中市郷土の森博物館

郷土の森博物館の北側、多摩川沿いに位置するあじさいの小路。100mほどの路の両側には西洋あじさい、ガクアジサイがびっしり。

府中市郷土の森博物館

やすらぎ池に浮かぶスイレン。初夏の風物詩。



府中市郷土の森博物館

敷地内には広い芝生の広場が2か所あります。かけっこや、寝転んだりお弁当を広げたり。

府中市郷土の森博物館

水遊びの池は子供の遊び場。膝まで水に浸かることができます。

府中市郷土の森博物館

博物館ですが子供が楽しめる場所もあります。恐竜が迎えてくれるわんぱく砦もそのひとつ。

府中市郷土の森博物館

郷土の森博物館は梅園でも有名。梅園は園内の一番奥、多摩川沿いにあります。見ごろは2月下旬。

府中市郷土の森博物館

緑溢れる散策路が敷地内を巡っています。のんびりと歩けば1時間以上かかる広さ。

府中市郷土の森博物館

第一野球場の両脇に2つの無料駐車場。週末は11時前には満車。正面入り口の左手に臨時駐車場も開設されます。

公式サイト
公益財団法人府中文化振興財団




住所 東京都府中市南町6-32
アクセス自動車 中央自動車道・国立府中I.C.から10分
電 車 京王線 府中駅、分倍河原駅、JR府中本町駅より郷土の森総合体育館行きバス
公園情報開園時間 9時~17時
休館日 月曜および年末年始
博物館入場料 300円
園内の施設・博物館
大人300円 中学生以下150円
・プラネタリウム
大人600円 中学生以下300円
・水遊びの池
無料
・売店
駐車場無料 400台
                   
関連情報