東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
松伏町

まつぶし緑の丘公園の水辺で野鳥観察。カワセミもやってくる


まつぶし緑の丘公園の様子を、まずは動画で見てみよう (1分28秒)




まつぶし緑の丘公園 | 松伏町

 
まつぶし緑の丘公園は埼玉県東部、松伏町にある水辺と里山の都市公園。

園内は水辺ゾーン、里山ゾーン、そして公園ゾーンの3つのエリアに分かれていて、それぞれの場所で野鳥や樹木、季節の花木とふれあえます。

 

木製デッキから野鳥観察

まつぶし緑の丘公園の東側にある水辺ゾーンは、湿地とヨシ原の自然環境。

調整池にかかる200メートルほどの木製デッキは絶好のバードウォッチングエリアになっていて、カワセミやメジロ、カモやシジュウカラなど、水鳥や渡り鳥が観察できます。

鯉や亀が泳ぐ池では、水辺の生きものとふれあうことも。

 

調整池の隣にあるトンボ池には、シオカラトンボやアキアカネがやってきます。

 

丘の上から360度の眺望

雑木林と常緑樹が生い茂る里山では、360度の眺望が楽しめます。

高さ25メートルの丘の頂上には展望広場があり、まつぶし緑の丘公園の全景を眺められます。

晴れた日にはスカイツリーや新宿の高層ビル、富士山まで見ることが。

 

芝生広場でピクニック

遊具施設やじゃぶじゃぶ流れもある芝生広場は、子どもの遊び場。
広く平坦な芝生の上で思いっきりからだを動かせます。

 

まつぶし緑の丘公園の管理センターでは、一輪車やグローブ、ツイスターにレジャーテントもレンタルできます。
持ち込んだテントやタープの設置も可能。

 

広場の一角にある花畑ではコスモスやポピーなど季節の花が楽しめ、5月と10月には花まつりが開催されます。





基本情報

入園料無料
バーベキュー場×
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール
駐車場
まつぶし緑の丘公園マップ


まつぶし緑の丘公園

メインエントランスを入るとすぐに広大な芝生広場。

まつぶし緑の丘公園

木陰が少ないので、ピクニックをするなら管理センターでレジャーテントを借りよう。

まつぶし緑の丘公園

芝生広場の周りには、900メートルのウォーキングコース。

まつぶし緑の丘公園

プラスチック製の大型遊具は3~12歳が対象。幼児が遊べる砂場もあります。

まつぶし緑の丘公園

秋はコスモス、春はポピーが咲くお花畑。

まつぶし緑の丘公園

水辺ゾーンの調整池。デッキから野鳥観察が楽しめます。

まつぶし緑の丘公園

野鳥が飛来する調整池では、10月~11月に日本野鳥の会による探鳥会が開催。誰でも参加できます。

まつぶし緑の丘公園

ヨシ原に囲まれたトンボ池。トンボだけでなく、野鳥や水辺の生きものも集まります。

まつぶし緑の丘公園

里山ゾーンの丘の頂上にある展望広場。

まつぶし緑の丘公園

丘に登るコースは舗装された散策園路と、樹木の中を歩く道のふたつ。どちらの道も頂上までは5分ぐらい。

まつぶし緑の丘公園

まつぶし緑の丘公園の周辺は、遮るものがない一面の平野。さいたま新都心や新宿副都心のビル群まで眺められます。

まつぶし緑の丘公園

無料の駐車場は3か所。メインエントランスは南駐車場。



ピクニックやボール遊びなど、一日中楽しめる公園です。
周辺に飲食店はありませんので、お弁当を持って出かけよう。

住所 埼玉県北葛飾郡松伏町大字大川戸2606-1
アクセス自動車 国道4号線 赤沼交差点から県道春日部松伏線を松伏方面へ
電 車 東武伊勢崎線せんげん台駅からバス
公園情報常時開園
無料
園内の施設遊具
じゃぶじゃぶ流れ
各種レンタル
(無料)
一輪車、グローブとボール、ベビーカー
ロッカー
(有料)
レジャーテント、ツイスター
駐車場3か所 515台
無料
南駐車場(メインエントランス)135台
北駐車場150台
西駐車場230台