東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
横浜市鶴見区

三ツ池公園


三ツ池公園

三ツ池公園は子どもが遊べる遊具がいっぱい

 

神奈川県立三ツ池公園は、「かながわの公園50選」「日本のさくらの名所100選」に選定されている、横浜市鶴見区にある総合公園です。

 
江戸時代にかんがい用水として利用されていた、下之池、中之池、上之池の3つの池と、森と里の景観を利用してできた園内では、春のお花見、初夏の新緑、そして秋の紅葉と、四季折々の自然を楽しむことができます。
 
 
また、ロング滑り台や複合遊具が設置されている遊びの広場、噴水から流れ出たせせらぎで水遊びができる水の広場、そしプールなど、子どもが遊べる場所がたくさんあるのも、三ツ池公園の特徴のひとつです。
 

横浜の桜の名所

三ツ池公園の春は、2月のカンザクラにはじまり、ソメイヨシノやヨコハマヒザクラなど、78品種 1,600本の桜が池畔に咲き、大勢の花見客で賑わいます。

 

桜の期間中はさくらまつりも開催され、音楽会や茶会、桜鑑賞会などが行われます。

 

ライトアップはされませんが、三ツ池公園は24時間出入りが可能ですので、夜桜も楽しめます。
 

散策路とランニングコース

三ツ池公園には、散策やランニングができる2つのコースが整備されています。
 

水辺の散策コースは、3つの池といこいの広場、そして里の広場を巡る、1.4キロメートルの歩きやすいコース。
 

三ツ池公園の丘の上から池の全景を眺められる森の散策コースは1.9キロメートル。

桜や紅葉など四季折々の三ッ池公園の景色が一望できます。
 
 
散策コースはランニングコースも兼ねています。




三ッ池公園

三ツ池公園の駐車場(北口)から園内へ向かうと最初に現れるのが下之池。

三ッ池公園

両側を丘に囲まれた中之池は、3つの池の中で一番大きな池。冬は水鳥が渡ってきます。

三ッ池公園

三ツ池公園の中では一番小さい上之池は南門の近くに。水の広場に小川が流れ込んでいます。

三ッ池公園

3つの池の周りには走りやすいランニングコースが整備されています。

三ッ池公園

南門近くにあるパークセンター。三ツ池公園の情報展示コーナーや休息スペースなどが設けられています。

三ッ池公園

コリア庭園は平成2年、神奈川県と韓国・京畿道との友好提携を記念し造られた庭園。



三ッ池公園

パークセンターの前にある水の広場。噴水から流れ出たせせらぎで、中の池の水を循環しています。

三ッ池公園

西側の高台にある花の広場は一番のおすすめスポット。

三ッ池公園

季節の花に囲まれた芝生でお弁当を広げたり、ボール遊びをしたり。のんびりと自然散策するにも恰好のエリア。

三ッ池公園

花の広場の近くににある展望スペース。ここでのお弁当もおすすめ。

三ッ池公園

三ツ池公園の最西端にある広場。ボール遊びを楽しむ親子連れが目立ちます。

三ッ池公園

里の広場といこいの広場周辺は、横浜の原風景を思わせる雑木林の風景。

三ッ池公園

斜面の木々の間を通り抜けるロングすべり台など、遊具が充実している遊びの森。

三ッ池公園

本格的なランニングからゆっくりウォーキングを楽しんでいる人まで、三ツ池公園の散策路はとても賑やか。

三ッ池公園

三ツ池公園の駐車場は北側と東側に二箇所。写真は北門駐車場。

公式サイト
三ツ池公園パートナーズ





最終更新日:2020年09月02日


住所 神奈川県横浜市鶴見区三ッ池公園・上末吉・梶山1
アクセス自動車 首都高横羽船 汐入IC→末吉大通→環状2号
電 車 JR鶴見駅西口、新横浜駅より東寺尾循環、寺谷循環バス
公園情報常時開園 無料
園内の施設遊びの森(アスレチック広場)
プール(7月第2土曜日~8月31日) 310円
駐車場北門 91台 正門 55台 500円/1日
有料期間
1月5日~3月15日の土日祝日
3月16日~11月15日の毎日
11月16日~12月27日の土日祝日