長池公園 | 自然館で里山体験ができる八王子の公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
八王子市

長池公園


長池公園

長池公園の自然館で里山体験。

 
長池公園は里山文化の継承と創造をテーマに八王子の動植物の保全と地域住民への理解促進活動を行っている里山公園。
園内には里山に関する展示や、工作、工芸が行える自然館(長池ネイチャーセンター)をはじめ、バーベキューやピクニックができる芝生広場もあります。
 

長池公園の概要

長池公園は多摩の自然を保護する「里山公園構想」に基づき2000年(平成12年)に開園しました。

多摩川の支流、大栗川の源流域にある長池公園は水辺の環境と雑木林が豊かな自然をつくり、園内には800種もの植物と里山に棲む動物や昆虫が生息しています。
 
 
長池を中心に小川や森、雑木林なとが配された、長さ1.2キロメートル、東京ドームの4倍もある広さの園内は、特徴の異なる6つのゾーンに分かれています。
 
 
長池見附橋と築池(つくいけ)、芝生広場がある北エントランスゾーンはピクニックやバーベキューができる、開放的な雰囲気の地区。
里山の資料が展示されている長池公園自然観察館もエントランスゾーンにあります。
 
 
 
水車小屋や田んぼ、炭焼き小屋がある里山体験ゾーンは里の原風景が保存されている地域。
里山の手入れや保全、次世代への継承活動を行っている長池里山クラブの活動拠点になっています。
 
 
長池公園の中心部は谷戸と雑木林の観察ゾーン。
湿地帯の生きものや野草を観察できます。
 
多摩ニュータウンの開発で自生地から保護されたカタクリを見る散策路も。
 
 
 
長池公園の南エントランスゾーンは丹沢や奥多摩を望む展望台と広場の地区。
ピクニックやボール遊びにおすすめの場所です。
 
長池公園
 

長池公園の見どころ

長池公園の北エントランスには里山の自然を学んだり体験することのできる自然館(ネイチャーセンター)があります。
 
里山の風景に溶け込んだ木造の建物が印象的な自然観察館には、園内で見れる動物や昆虫の資料が展示されています。
 
積み木や楽器で遊べるコーナーや、自然の素材をつかった工作ができるクラフトコーナーもあるので、幼児でも楽しめる。
 
 
自然館には長池公園の園内マップが置かれているので、公園を散策する前に入手しておきましょう。
 

YouTubeでも長池公園の動画が見れます!icon-external-link (2分27秒)

 

長池公園を散策

北エントランス 70台 8時30分~18時30分 (10月~2月は17時30分まで) 南エントランス 17台 9時~18時 (10月~2月は17時まで)

長池公園の北口エントランスは見附口。見附橋のバス停を下車すとるすぐに見える見附橋と姿池。橋の姿を池面に映し出すことから、姿池と名付けられました。

長池公園

見附橋は1913年に建設された四谷見附橋を移築したアーチ橋。テレビドラマの撮影でもたびたび使われている橋は、長池公園のシンボル。

長池公園

姿池の池畔には長池公園で唯一バーベキューができる芝生広場。テントやタープを張って、アウトドアレジャーが楽しめます。

長池公園自然館

多摩の自然を見て触って学べるネイチャーセンター、長池公園自然館。動物のはく製の展示やキッズコーナーなど、子どもも楽しめる施設です。

長池公園

里山体験ゾーンに広がる田んぼの風景。子どもも入会できる里山クラブに加入すれば稲作や野菜作りなどの農作業を体験できます。

長池公園

田んぼの隣には炭火焼小屋。公園内に生い茂る雑木を利用して炭をつくっています。

長池公園

長池公園にある3つの池の中で一番大きな築池。日照りなどに備え農地に水を提供するために造られたかんがい用の池。

長池公園

公園名の由来となっている長池は農業用水として利用されていた公園内で最も古い池。ハンノキ林に覆われた池は、特別保全地域に指定されています。

長池公園

春はアメンボ、秋にはトンボが集まるとんぼ池。

長池公園

木橋とデッキのあるカタクリ観察路。早春に薄紫やピンクの花を咲かせます。

長池公園

長池公園を横断する雑木林の散策路。自然観察やウォーキングに利用している人がたくさん。

長池公園

広い長池公園ですが園内には標識が出ているので迷うことはありません。

長池公園

南エントランス周辺は比較的人の少ない広場と高台。のんびりピクニックが楽しめるやまざと広場。

長池公園

やまざと広場からは八王子の市街地や遠くに奥多摩の山並みを見ることが。

長池公園

駐車場は自然館に隣接する場所と、南エントランスの夕日展望台の隣に二か所。

 
長池公園マップ
長池公園マップ
 

長池公園へのアクセス

・京王線「京王堀之内駅」から

京王バスの南大沢行(堀03)で「見附橋」、「長池小学校入口」、「長池公園西」バス停で下車。
京王堀之内駅から見附橋まで7分、長池小学校入り口まで8分、長池公園西まで9分。
 
・京王線「南大沢駅」から

京王バスの京王堀之内行(堀03)で「長池公園西」、「長池小学校入口」、「見附橋」バス停で下車。
南大沢駅から長池公園西まで4分、長池小学校入り口まで5分、見附橋まで6分。
 
 
やまざと広場と夕陽展望台がある南エントランスへは「長池公園西」バス停、自然館へは「長池小学校入口」バス停、そして見附橋がある北エントランスへは「見附橋」バス停が便利です。
 

長池公園の駐車場

・自然館駐車場(70台)
利用時間:8時30分~18時30分(10月~2月は17時30分まで)
料金:無料
場所:北エントランス

・やまざと駐車場(17台)
利用時間:9時~18時(10月~2月は17時まで)
料金:無料
場所:南エントランス
 

 
ルート検索


住所 東京都八王子市別所2-58
TEL 042-678-4616 (長池公園自然館)
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設・自然館 (長池ネイチャーセンター)
開園時間 : 9時~17時
休館日 : 年末年始
入館料 : 無料

・バーベキュー場
場所 : 北エントランスの芝生広場
利用時間 : 10時~16時
予約方法 : 利用月の前月1日から電話、または当日、自然館で受付
                   
関連情報