七沢森林公園| 里山エコリゾートでハイキングにピクニック
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
厚木市

七沢森林公園


七沢森林公園

七沢森林公園でハイキング。

 
七沢森林公園は、丹沢の山麓にひろがる神奈川県内でもっとも大きな都市公園。
 
ロハスな里山エコリゾートをテーマにした園内には、森林浴をしながらハイキングやウォーキングができるさんぽ道や、子どもが遊具で遊べるアスレチック広場、そして自然の素材を生かした創作体験ができる森のアトリエなどが配され、豊かな自然の中で人と環境に優しいレジャーが楽しめます。
 

里山ハイキング

七沢森林公園のハイキングコースは、広場やベンチ、休息施設など、森でリラックスした時間を過ごすことができる施設が配されているため、生理・心理実験によって癒しの効果が実証された、森林セラピーの道に認定されています。
 
里山の豊かな自然環境の中を巡るコースは、日ごろから運動不足の方や、ストレスを抱えている人にもおすすめ。
 
ハイキングの途中で野生の動植物を観察したり、ベンチに腰掛けて野鳥のさえずりに耳を傾けたり、ただウォーキングをするだけではなく、森を楽しみながらこころと身体の健康維持に役立つコースになっています。
 

 

4つのハイキングコース

七沢森林公園には、北口駐車場と南側のやまゆり展望台をむすぶ尾根のさんぽ道と、北口駐車場から中央口へつづく沢のさんぽ道を中心に、4つのハイキングコースが整備されています。
 
園内でいちばん標高が高い地点は、北側のながめの丘やとうげの広場、そして尾根のさんぽ道にあるもみじ展望台周辺で、標高がいちばん低い中央口との標高差は約120メートル。
 

これらをむすぶ沢のさんぽ道は、4つのハイキングコースの中で、いちばんアップダウンが激しい道ですので、あまり体力に自信のない方は、おおやま広場やピクニック広場を巡る「大山眺望ぶらぶらコース」か、尾根道を歩く「春から秋景観エンジョイコース」がおすすめです。
 
 

・大山眺望ぶらぶらコース

所要時間:30分
距離:1,500メートル
特長:ハイキングとピクニックが手軽に楽しめるコース。春はおおやま広場のシャクナゲが見ごろを迎えます
 
 
・春~秋景観エンジョイコース

所要時間:60分
距離:2,840メートル
特長:標高差はありますが、コースのほとんどは歩きやすい尾根道です
 
 
・こもれび~森林満喫コース

所要時間:90分
距離:3,160メートル
特長:園内をほぼ一周するコース。七沢森林公園の自然を満喫したい方におすすめ
 
 
・完全踏破マスターコース
完全踏破マスターコース
所要時間:120分
距離:3,520メートル
特長:景観エンジョイコースに加えて、園内北側のさくらの園や森のアトリエ周辺も散策します
 
 
ハイキングマップは公園の管理事務所で入手できます。
また、月に一度、森林セラピー体験ウォークも開催されています。
 

森のかけはし
中央口にかかる森のかけはしは七沢森林公園のシンボル。長さ75.5m、高さ18mの橋の上からは丹沢山塊が望めます
沢のさんぽ道
七沢川にそそぐ沢の流れ沿いを歩く沢のさんぽ道。沢にはほとんど水が流れていないので川あそびはできません
尾根のさんぽ道
木々の合間から横浜のランドマークや新宿の高層ビル群が眺められる尾根のさんぽ道。犬と一緒に散歩している人も見かけます

 

おおやま広場で子連れピクニック

七沢森林公園には、里山の自然の景色を眺めながらお弁当をひろげたり、子どもがノビノビ遊べる場所がたくさんありますが、中でも、子連れピクニックに特におすすめしたい場所を紹介します。
 


 

おおやま広場
おおやま広場(中央口から約10分)
大山をはじめ、丹沢の山々が眺められるおおやま広場は、中央入口と第二駐車場から近いので、手軽にピクニックを楽しみたい人や、子連れピクニックにはおすすめの場所。広場にはベンチやテーブルはありませんので、レジャーシートやテントを持って行きましょう
ピクニック広場
ピクニック広場(中央口から約15分)
バーベキュー場の隣にあるピクニック広場は、園内で遊具がある数少ない場所。アスレチック広場の遊具とは異なり、ピクニック広場には未就学児向けの遊具が設置されています

屋外ステージ
野外ステージ(中央口から約15分)
日当たりの良い屋外ステージ前の広場は、ピクニックの穴場的な場所。夏は暑さをしのげ、冬でも夕方まで日差しが差し込むので温かく過ごせます
ながめの丘
ながめの丘
北口駐車場から5分ほどの場所にあるながめの丘には、ベンチとテーブルが備わっているので、まずはここでお弁当を食べて、そのあとに尾根のさんぽ道を歩いて、アスレチック広場やおおやま広場へ行くことができます

 

アスレチックで遊ぼう

丸太の橋やターザンロープ、ネットの遊具やトンネルの遊具など、9基のアスレチックが配されたわんぱく広場は、子どもたちに人気の場所。

中央口駐車場からアスレチック広場までは、上り坂を歩くこと15分ほど。
道はスロープになっているのでベビーカーでも大丈夫ですが、標高差があるので大人は息が切れるかもしれません。
 
公共交通機関を利用して七沢森林公園へ行く方は、森の里三丁目バス停が近いです。
森の里口から広場までは1~2分。
 


 
アスレチック広場の隣には、屋根付きのテーブル席が25サイトあるバーベキュー場があります。

事前の予約が必要ですが、手ぶらでも持ち込みでも利用できるので、子どもがアスレチックで遊んでいる間の休憩所として、また、お弁当を食べる場所として利用するのもいいと思います。
 
バーベキュー場の売店では、ビールやジュースなどの飲み物のほか、ソフトクリームも売っています。
 
バーベキュー場
 

森のアトリエでクラフト体験

さくらの園にある森のアトリエは、陶芸や木工など自然の素材を生かした創作体験ができる工房です。

陶芸と楽焼体験が日曜・祝日に開催される他、小枝工作体験、アルプホルン演奏会など、年間を通じて体験教室やイベントが開催されています。
 
事前申し込みは不要ですので、お子さんと一緒にフラッと立ち寄って、クラフト体験や工作にチャレンジするのもいいですね。
 
参加費はプログラムによって異なりますが、無料から数百円程度。
クラフト体験は毎日、こえだ工作体験は第二第四日曜日に開催されています。
北口駐車場から3分
 
森のアトリエ
 


 
ルート検索
 

七沢森林公園へのアクセス

おおきな公園ですので、目的地に近いバス停や駐車場を利用してください。
 
・おおやま広場、屋外ステージへ

小田急線「本厚木駅」厚木バスセンターから、神奈中バスの七沢行き(厚33)に乗車して七沢温泉入口で下車
(所要時間27分)
バス停から中央口まで徒歩4分(350m)
 
・森のアトリエ、さくらの園、ながめの広場へ

厚木バスセンターから森の里行き(厚43,44,45)に乗車して終点で下車
(所要時間35分)
バス停から北口まで徒歩7分(550m)
 
・アスレチック広場、バーベキュー場へ

厚木バスセンターから森の里行き(厚43,44,45)に乗車して森の里小学校前で下車
(所要時間27分)
バス停から森の里口まで徒歩1分
 

七沢森林公園の駐車場

・中央口駐車場 83台
・第2駐車場 29台
・北口駐車場 38台
・第3駐車場 52台(繁忙期のみ開場)

利用時間:8時30分~18時(12月~2月は17時まで)
料金:4月~11月の土日祝日のみ有料
1回 530円


住所 神奈川県厚木市七沢901-1
TEL:046-247-9870(管理事務所)
公園情報開園時間 : 24時間
休園日 : なし
入園料 : 無料
面積 : 64.6ヘクタール
開園日 : 昭和63年4月1日
園内の施設・バーベキュー場
営業期間 : 3月~11月(3月は土日祝日のみ)
料金(3時間):屋根付きテーブル 3,150円 屋根なし2,600円

・森のアトリエ
休館日 : 年末年始

・管理事務所(森の民話館)
休館日 : 年末年始

・屋外ステージ
利用時間 : 9時~16時
利用料金 : 無料

・売店
                   
関連情報