東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
横浜市緑区

新治市民の森で横浜の里山をハイキング


新治市民の森



横浜の原風景に出会える森

新治市民の森は横浜市で最大級の広さを持つ公園。
里山の風景を眺めながらハイキングが楽しめます。

 

概要

新治市民の森(読み方 にいはる)は谷戸と里山の風景を残す手つかずの森。
東京ドームの12倍もの敷地は市民の森としては最大級の広さ。

野鳥や森の生き物を観察しながらハイキングが楽しめます。

 

主なハイキングコースは谷戸見学1時間コースと尾根道を行く健脚2時間コースのふたつ。

 

森の境界は民有地と隣接していて案内地図も設置されていませんので、私有地に紛れ込んでしまう危険もあるほど、森と地元の暮らしが一体化しています。

 

新治市民の森へは北側を中心に5か所の入り口がありますが、旭谷戸の入り口がメインアプローチ。

駐車場は尾根道側に。

 

見どころ

新治市民の森の駐車場付近の西側から南側にかけては高台、そして森の北東側は低地になっていて、それぞれ違う景色を見せてくれます。

 

高台の尾根道は森の中の雰囲気をかもし出す樹林地帯。

低地は谷戸や畑が多く、横浜の原風景の中に地元のくらしを垣間見ることが。

 

新治市民の森にはクヌギやコナラ、スギなどが群生し、また、70種の野鳥や流水性のトンボにも出会えます。





新治市民の森マップ

新治市民の森

駐車場から続く尾根道はアップダウンが少なく快適。昔の横浜はこのような 場所が多かったのでしょうがここが横浜市だとは思えないほどの景色。

新治市民の森

新治市民の森東側の菖蒲谷戸からのアプローチ。こちら側は畑が広がるエリアです。

新治市民の森

新治市民の森の高低差は小さく、フラットな散策路が続きます。

新治市民の森

新治市民の森は広場やベンチなどの施設はほとんどありません。写真は尾根道にある見晴らしの良いベンチ。

新治市民の森

東側は森の風景から一変。里山の生活を感じる畑が広がり、農作業や森林整備をする人の姿が見えます。

新治市民の森

新治市民の森東側に広がる鎌立谷戸。



新治市民の森

新治市民の森の東側にある梅田川。川沿いには散策路が伸びています。

新治市民の森

梅田川沿いにある新治小学校の校舎。

新治市民の森

新治市民の森へは5か所ほどの入り口が。写真は北側にある旭谷戸の入り口。

新治市民の森

こちらは新治小の近く、向山の入り口。

新治市民の森

新治市民の森中央にある池ぶち広場。森林整備をしている人の詰所にもなってるようです。

新治市民の森

池ぶち広場の全景。来園者が森林作業など色々な体験ができそうな広場です。



横浜の原風景をそのまま残す新治市民の森は、雑木林や畑などのどかな景色に出会うことができます。
ハイキングの所要時間は2時間ぐらい。
森の東側は看板も少なく民有地に紛れ込んでしまうこともありますので要注意。
周辺の公園

住所 神奈川県横浜市緑区新治町・三保町
アクセス自動車 東名高速横浜町田IC→環状4号(3.5km)
電  車 JR横浜線 十日市場駅 徒歩20分
公園情報
園内の施設
駐車場20台 無料 (市民の森の西側)