東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
小田原市

小田原フラワーガーデン


小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデンは梅園と温室の植物園

 
小田原フラワーガーデンは、花と緑の生活文化の創造をテーマに、1995年に開園した植物園。

バラやウメ、紫陽花など、一年を通して花木が楽しめる公園形式の植物園です。
ドーム型の温室では熱帯植物も鑑賞できます。
 

小田原フラワーガーデンの概要

昭和42年、当時まだ市営農場だった小田原フラワーガーデンに、市民から梅の苗木250本が寄贈されました。

平成に入り、市営農場は小田原フラワーガーデンとして整備され、梅の名所になりました。

 

小田原フラワーガーデンの半分を占める渓流の梅園では、200種類480本の紅梅、白梅が、小田原に早春を告げています。

眺望の良い梅園からは、遠くに丹沢や箱根の山々まで望むことが。

 

梅の見頃は1月中旬~3月上旬です。

 

小田原フラワーガーデンの見どころ

熱帯・亜熱帯地方の植物が栽培されているトロピカルドーム温室は、小田原フラワーガーデンの見どころのひとつ。

ゴミ焼却施設の余熱を利用した温室は、室温が22度に保たれ、南国の果樹や花木など、200種の熱帯・亜熱帯の植物を鑑賞できます。
 
セルフガイド式の体験プログラム「アロア・ワッド探検隊」も人気。
 
 
小田原フラワーガーデンのアルカディア広場にあるバラ園では、150品種 350株のバラが栽培されていて、5月中旬~6月上旬と10月下旬~11月下旬の見ごろの季節にはガイドツアーやミニコンサートなど、ローズフェスタが開催されます。
 
 

その他にも、初夏には花菖蒲で彩られるハナショウブ池、梅雨の季節はアジサイの小道など、小田原フラワーガーデンでは、一年を通して四季折々の花が楽しめます。



小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデンの敷地半分は、芝生が敷き詰められた梅園になっています。

小田原フラワーガーデン

散策路をゆっくりと歩きながら紅梅、白梅を鑑賞。歩道は舗装されているので車いすやベビーカーでも大丈夫。

小田原フラワーガーデン

北側には小川に沿って梅園が。この梅園がフラワーガーデンが渓流の梅林と呼ばれる云われ。



小田原フラワーガーデン

渓流と梅木を縫うように通るボードウォーク。

小田原フラワーガーデン

梅には沢山の種類があります。写真は輪違い。ひとつの枝の中に紅と白の花を咲かせます。

フラワーショップ

季節の草花や苗木が買えるフラワーショップ flower shop PICCOLO。ドライフラワーの雑貨も人気。

小田原フラワーガーデン

小田原フラワーガーデン中央部にあるトロピカルドーム(温室)。

小田原フラワーガーデン

バナナやハパイアなどの見慣れた果実から、熱帯・亜熱帯の珍しい植物まで、200種類の花木が栽培されています。

小田原フラワーガーデン

正面入り口にある無料駐車場は140台の広さ。

小田原フラワーガーデン 花ごよみ
小田原フラワーガーデン花ごよみ
公式サイト
小田原フラワーガーデンパートナーズ

小田原フラワーガーデンは2月から3月中旬にかけての梅、そしてGWから11月まで楽しめるバラの季節がおすすめ。
周辺には自然スポットや史跡も多数ありますので、合わせて訪れると良いと思います。





住所 神奈川県小田原市久野3798-5
アクセス自動車 小田原厚木道路小田原東IC→国道255号→県道717号・74号
電  車 伊豆箱根鉄道大雄山線飯田岡駅から徒歩約20分、または小田原駅東口から伊豆箱根バス小田原フラワーガーデン行き30分
公園情報常時開園 無料
園内の施設トロピカルドーム温室 9時~17時 200円
フラワーショップ
駐車場140台 無料