東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
小田原市

小田原城址公園


小田原城址公園

小田原城址公園は子どもの遊び場がたくさん

 
小田原城址公園は、国の指定史跡に指定されている小田原城の本丸を中心に整備された城址公園。
日本の歴史公園100選、および日本さくら名所100選に選ばれています。
 
小田原城の歴史や美術工芸品の展示がされている天守閣、甲冑など武具を展示している常盤木門など、歴史やお城好きにはオススメ。
 

こども遊園地や動物園など、小田原城址公園には子どもが遊べる場所もたくさんあります。
 

こども遊園地で遊ぼう

小田原城址公園の西側には、園内を二周する豆汽車や、自由に運転できるバッテリーカー、そして電気遊器具などが揃うこども遊園地があります。
 
この遊園地は、昭和25年、小田原こども文化博覧会時に開園したもの。
 
ちょっとレトロな雰囲気のこども遊園地ですが、どの遊具も30円から80円で利用できるのが魅力。
未就学児~小学校低学年の子どもなら、十分楽しめます。
 

また、ポニーやウサギなど小動物にエサあげができるふれあい動物園、戦国時代に活躍した忍者を体験できるNINJA館など、小田原城址公園には、子どもが楽しめる施設がたくさんあります。
 

小田原城の歴史

小田原城の前身は今から500年ほど前に建てられたお城のようですが、その場所や時期ははっきりとはしておらず、1495年に北条氏が入城してから、少しずつ歴史が解明されてきています。

 

初期の頃の城は度重なる地震で全壊、江戸時代に建て替えられましたが明治3年廃城。

一部残っていた建物も関東大震災でほぼ全壊してしまいました。
 

昭和に入り、当時の設計図などを基に再建工事がすすめられ、現在の天守閣は1960年(昭和35年)に完成しました。
 
2013年(平成25年)には、NPO法人「みんなでお城をつくる会」が設立され、発掘や復旧作業が進められています。




小田原城址公園

小田原城天守閣
昭和35年に復元された高さ38mの天守閣。内部は絵図や古文書が展示された有料の資料館になっています。

小田原城址公園

本丸跡
小田原城は震災などで当時の建物はほとんど残っていません。本丸は天守閣の前にあったようです。

小田原城址公園

本丸広場
家族連れやカップルでにぎわう小田原城址公園の本丸広場。売店や動物園などもあります。

小田原城址公園

こども遊園地
城内の西側には豆汽車やバッテリーカーで遊べるミニ遊園地があります。

小田原城址公園

動物園
象や猿、野鳥がいる動物園は城址にしてはちょっと違和感がありますが、子供には人気の場所。

小田原城址公園

常盤木門
本丸の正面にあたり、最も大きく堅固につくられていた門。いまの建物は昭和46年に復興されたもの。



小田原城址公園

銅門
銅板の装飾が施されている銅門は二の丸の付近に。平成9年に復興されました。

小田原城址公園

本丸東堀跡
約20mあったとされるお堀跡は東側の二の丸付近に残っています。

小田原城址公園

常盤木橋の階段
常葉木門へ向かう階段の両脇には梅や桜が。

小田原城址公園

お城の周りには家族でお散歩できる散策路が整備されています。

小田原城址公園

早春の梅まつりから秋の菊花展まで、花の見ごろに合わせてイベントが行われます。

小田原城址公園

6月は紫陽花と花菖蒲が見ごろ。夜はライトアップも。

小田原城址公園

NINJA館(歴史見聞館)
映像と体験型の展示で、戦国時代の忍者の様子が知れる楽しい施設。

小田原城址公園

学橋
二の丸広場へつながる学橋。堀では野鳥を沢山見ることができます。

小田原城址公園

小田原城址公園の駐車場
場内北側にある駐車場。満車の場合は公園近辺の駐車場を利用。

公式サイト
小田原城址公園




住所 神奈川県小田原市城内
アクセス自動車 小田原厚木道路 荻窪ICから10分
電  車 JR、小田急小田原駅から徒歩10分
公園情報常時開園 無料
園内の施設天守閣拝観 200円
NINJA館入館料 300円
常盤木門SAMURAI館 200円
レンタサイクル 300円/1日
こども遊園地 無料(乗り物代は別途)
駐車場JR沿線側の北入口に有料駐車場
360台 1,000円/1回