大泉中央公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
練馬区

大泉中央公園


大泉中央公園

大泉中央公園の大きな広場でピクニック。

 
大泉中央公園は緑と水と太陽の広場がテーマの、東京都と埼玉県の境に位置する都立公園。

ピクニックやボール遊びができる芝生広場、アスレチック遊具、夏には水遊びができる噴水など、子連れで楽しめる公園です。
 
大泉中央公園は、埼玉県の和光樹林公園に隣接しています。

 

大泉中央公園の概要

大泉中央公園のある場所は、以前、米軍のゴルフ場でした。

そのため、大泉中央公園には広い原っぱが多く、中でも、小高い丘と広大な芝生の陽だまり広場は、ボール遊びや運動ができるのびのびとした空間になっています。

屋根のある休憩所やテーブルもあるので、ピクニックにはおすすめの場所。

広場の隣の疎林広場には、アスレチック遊具や砂場が設置されています。

 

大泉中央公園の見どころ

武蔵野の自然林が残る大泉中央公園では、野鳥や植物などの自然観察ができます。

水の広場とセンター広場のあいだに広がる野鳥の森は、鳥たちの楽園。
ウグイスやメジロ、ヒヨドリなど20種類ほどの野鳥が生息しています。
 
また、30種類以上のチョウが飼育されているちょうの里では、チョウの生態を観察できます。

 

大泉中央公園は一周ゆっくりと歩いて30分ほど。
自然散策にはちょうど良い大きさの公園です。
 
YouTubeでも大泉中央公園の動画が見れます!icon-external-link (2分27秒)
 

大泉中央公園を散策

大泉中央公園

大泉中央公園の入り口は5か所。写真は西側にある水の広場入口。噴水池では子供たちが水遊び。

大泉中央公園

野鳥の森には散策路。心地よい鳥の鳴声を聞きながら散策を楽しめます。

大泉中央公園

ピクニックやボール遊びなら陽だまりの広場。ゴルフ場跡地の面影を残す斜面に作られた広大な芝生広場。

大泉中央公園

四季の広場は広くはありませんが季節毎の草花が楽しめる場所。

大泉中央公園

大泉中央公園を一周するように、樹林につつまれた散策路が廻っています。

大泉中央公園

子どもが喜ぶアスレチック施設は陽だまりの広場の横に。

 

大泉中央公園へのアクセス

・東武東上線「成増駅」南口から、西武バスの大泉学園駅北口行き(泉33)に乗車して、「大泉中央公園」バス停で下車。
(所要時間11分)

・西武池袋線「大泉学園駅」北口から、成増駅南口行き(泉33)に乗車して「大泉中央公園」バス停で下車。
(所要時間18分)

バス停から公園まで徒歩1分。
 

徒歩で行く
・東武東上線「和光駅」から26分(2.0km)
 

大泉中央公園の駐車場

利用時間:24時間
料金:1時間200円 以降30分100円
収容台数:66台
 

 
ルート検索


住所 東京都練馬区大泉学園町9-4-3
TEL : 03-3867-8096(サービスセンター)
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設開放期間 : 7月中旬~8月下旬

・アスレチック
・ソリゲレンデ
・ちょうの里
・競技場
・軟式専用野球場

・サービスセンター
開園時間 : 8時30分~17時30分

大泉中央公園には売店、レストランはありません。
                   
関連情報