東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
町田市

小山内裏公園


小山内裏公園

小山内裏公園は多摩丘陵の谷戸と雑木林

 
小山内裏公園(おやまだいり)は多摩丘陵の雑木林と谷戸の自然が残る都立公園。

サンクチュアリ地区の大田切池周辺は、貴重な動植物の宝庫になっています。
 

小山内裏公園の見どころ

小山内裏公園のパークセンター周辺は、谷戸の地形。
芝生広場や農園、そして大田川の源流になっている大田切池は家族連れで賑わっているエリア。
 

谷戸から丘陵を10分ほど登っていくと道幅の広く舗装された尾根緑道へ。

展望広場とドッグランの施設がある尾根緑道はジョギングコースにもなっています。

 

小山内裏公園を一周すると1時間ほど。

自然観察しながらのお散歩なら鮎のみちと戦車道路がおすすめです。

 

里山広場では稲作や野菜の栽培にボランティアとして参加もできます。

バーベキュー広場では無料でバーベキューが楽しめる。

 

戦車道と鮎のみち

小山内裏公園の南側の丘には歴史的にも貴重な古道が通っています。
 
尾根緑道は別名を戦車道と呼ばれ、第二次世界大戦の末期に戦車の性能テスト用に造られた道。

現在は桜の名所になっています。

 

鮎のみちは別名を津久井往還。

津久井でとれた鮎を江戸の街まで売りに行く行商人が歩いていた道。
 
むかしの人たちの暮らしを思い浮かべながら、お散歩ができます。




小山内裏公園

小山内裏公園へのメインアプローチ。入り口周辺には花壇や畑、パークセンターも。

小山内裏公園

入り口から駐車場方面へ続くプロムナード。

小山内裏公園

小山内裏公園内では米、だいこん、いも、ネギなどの畑作が行われ、ボランティアとして参加も可能。



小山内裏公園

小山内裏公園のガイドや風景写真が展示されているパークセンター。

小山内裏公園

大田川の源流になってる大田切池は大雨の対策として川を堰き止めてつくったもの。池の周りには展望テラスや木道が。

小山内裏公園

三軒茶屋から津久井へ続く津久井往還。むかし江戸に鮎を届けるために使われていたことから鮎のみちと呼ばれています。尾根沿いの雑木林の道。

小山内裏公園

尾根緑道はむかし戦車の走行テストをしていたことから戦車道路と呼ばれていました。道幅が広く、ジョギングやサイクリングには格好の緑道。

小山内裏公園

小山内裏公園の一番東側にある草地広場は、ボール遊びやお弁当を広げるに適した場所。

小山内裏公園

パークセンターの隣にあるバーベキュー場。無料で利用することができます。

公式サイト
東京都公園協会




住所 東京都町田市小山ヶ丘4-4
アクセス自動車 中央高速 国立府中IC→野猿街道→多摩ニュータウン通り(12km)
電  車 京王相模原線多摩境下車徒歩5分
公園情報常時開園 無料
園内の施設バーベキュー場
9時~16時30分
無料
要予約

ドッグラン
要利用登録
駐車場23台 無料