東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
品川区

林試の森公園


林試の森公園



林試の森公園でピクニック

 
林試の森公園は品川区と目黒区の閑静な住宅地にぽっかりと浮かぶ小高な森林地帯。

園内には300本の桜や、イチョウなどの巨木が植えられていて、お花見と紅葉狩りの名所にもなっています。

アスレチック遊具の冒険広場や、ボール遊びができる芝生広場、そしてジャブジャブ池など、子どもの遊び場もたくさんあるので、子連れのピクニックにもおすすめです。
 
林試の森公園

林試の森公園の概要

林試の森公園のルーツは、明治33年につくられた目黒試験苗圃。
 
その後、林業試験場など名称を変更し、平成元年、都立林試の森公園として開園しました。
 

東京ドームとほぼ同じ大きさの園内には、ケヤキやプラタナス、クスの木など樹齢100年以上の巨木や、めずらしい樹木も数多く、都会の中の植物園といった雰囲気。
 
 
一周45分ほどの散策コースでは、樹木や野鳥を観察しながらウォーキングやランニングが楽しめます。
 
 
 
林試の森公園の入り口は10箇所ありますが、すべて住宅街からのアプローチになるので、初めて行く方は少しわかりずらいかもしれません。
 
 
360度の景色 (プラタナス並木と大きな広場)


 

林試の森公園の紅葉

林試の森公園の紅葉はケヤキやプラタナスなど、幹回りが3メートルを超える巨木が特徴。

園内を周遊するふれあいの径を歩けば、黄色やオレンジに色づいた樹木の景色を堪能できます。

 

紅葉鑑賞のおすすめスポットは、園内の中心地にあるラクウショウの森。

20メートルほどの高木が褐色に染まった風景は圧巻です。

 

また、西側のプラタナスの並木や、雑木林の森の広場などでも、美しい紅葉の景観が臨めます。

 

紅葉の見ごろは11月上旬から下旬。
 
林試の森公園の紅葉は、都内の公園の紅葉よりも2週間ほど早く始まります。
 




YouTubeでも林試の森公園の動画が見れます!icon-external-link (1分20秒)

林試の森公園を散策

林試の森公園

プラタナスの並木の風景。プラタナスは別名スズカケノキとも呼ばれ、街路樹としてよく見かける樹木です。

林試の森公園

高さ20メートルほどのラクウショウ(落羽松)と池の景観が美しいラクウショウの森。紅葉シーズンは絵画のような美しさ。

林試の森公園

ラクウショウの森に掛かるせせらぎ橋。

林試の森公園

縦に長い林試の森公園を一周している散策路、ふれあいの径。緑あふれる風景の中、ランニングやウォーキングを楽しめます。

林試の森公園

小中学生が対象のデイキャンプ場。5月から10月のあいだ利用できます。 

林試の森公園

年輪をイメージした円形の出会いの広場。目黒区と品川区のここが境界です。



林試の森公園

大きなクスノキがある芝生の広場。木陰がたくさんあるのでテントなしでピクニックができます。

林試の森公園

林試の森公園にはベンチが多く設置されていますので、散策の合間の休息場所に困ることはありません。

林試の森公園

子供に人気の冒険広場。つり橋やターザンロープなどのアスレチック遊具が設置されています。

林試の森公園

運動やボール遊びなら大きな広場。

林試の森公園

プラタナスの広場ではベンチに腰掛けて読書でも。

林試の森公園

子供向けの遊具が設置された幼児コーナー。

林試の森公園

林試の森公園北側は珍しい外国の樹木が。

林試の森公園

ドングリ拾いもできる森の広場。

林試の森公園

林試の森公園の入口は10箇所。写真は武蔵小山駅から徒歩で来る場合に利用する南門。





林試の森公園マップ
林試の森公園マップ
 

 
ルート検索




住所 東京都品川区小山台2
TEL 03-3792-3800 (サービスセンター)
アクセス自動車 : 目黒通り、または山手通りから入る 
公共交通 : 東急目黒線「武蔵小山」駅より徒歩10分
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
面積 : 120,762.91平方メートル
開園 : 平成元年6月
園内の施設・ジャブジャブ池 7月~8月
・ディキャンプ 5月~10月 (要事前予約)
・アスレチック施設
・ベビーチェア/ベッド
※園内に売店、レストランはありません
駐車場なし。周辺にもありません。
                   
関連情報