東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
江東区

猿江恩賜公園


猿江恩賜公園

猿江恩賜公園は水と緑の公園

 
猿江恩賜公園は、新大橋通りをはさみ南園と北園に分かれています。
 

豊かな自然環境の南園は、池や小川で水鳥やザリガニなど水辺の生き物を観察することができます。
水景を眺めながらお散歩やデートにおすすめ。
 
猿江恩賜公園の北園は、緑と芝生、そして花壇などもあり、桜や紅葉の季節には美しい自然の景色。
ピクニックができる芝生広場や遊具がある冒険広場など、親子で楽しめます。
 

猿江恩賜公園の歴史

猿江恩賜公園の敷地は江戸時代から利用されていた貯木場があった場所。

大正13年に昭和天皇の成婚を記念して、現在の南側地区が明治政府より東京市に下賜され昭和7年に南園が公園として開園。
その後、北園が追加され昭和58年に全園開園となりました。



YouTubeでも猿江恩賜公園の動画が見れます!icon-external-link (3分7秒)

猿江恩賜公園

猿江恩賜公園の北園中央にある広場と公園のシンボル、とんがり帽子の時計台。かけっこやボール遊び、お弁当などに適した場所。

猿江恩賜公園

中央広場の両側に延びるいちょう並木。広場と合わせてこのあたりは昭和50年代までは貯木場だったところ。

ミニ木蔵

かつての貯木場の景観を再現して造られたミニ木蔵。一見釣り堀のような造りですが違います。

ミニ木蔵の横手に流れる小川。夏はじゃぶじゃぶ池として子供たちに開放されます。

猿江恩賜公園

猿江恩賜公園の東側には、横十間川に沿ってジョギングに適した道が通っています。 

冒険広場

猿江恩賜公園の北園にある5つの広場のうちのひとつ。冒険広場には子供向けの遊具。



健康広場
自由に利用できる体力測定器具や、バスケットのゴールが設置されている健康広場。

猿江恩賜公園

正面入り口からすぐのところにあるスズカケ広場。この公園は背の高い木が多いことも特徴です。

猿江恩賜公園

猿江恩賜公園の南園には2つの池と小川があり、流れに沿うように散策路が巡っています。

猿江恩賜公園

滝のある池。池や小川ではザリガニやアメンボウなどの水生の生き物を観察することができます。

猿江恩賜公園

材木蔵跡の碑。南園の北西側にあります。

猿江恩賜公園

新大橋通り沿いにある正面入り口。右側が北園、道を隔てて左が南園です。





猿江恩賜公園マップ
出典:東京都東部7公園
 
公式サイト
東京都東部7公園





住所 東京都江東区住吉2、毛利2
アクセス都営新宿線・東京メトロ半蔵門線、住吉駅より徒歩2分
公園情報常時開園 無料
園内の施設じゃぶじゃぶ池
駐車場なし。
江東公会堂「ティアラこうとう」の地下駐車場を利用
                   
関連情報