江戸東京たてもの園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
小金井市

江戸東京たてもの園


江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園はジプリの世界。

 
江戸東京たてもの園は両国の江戸東京博物館の分園。
スタジオジプリの千と千尋の神隠しのモデルとなった場所でもあります。
 

江戸東京たてもの園の見どころ

江戸東京たてもの園は、文化的に価値のある歴史的建造物の保存を目的に小金井公園の敷地内につくられた屋外博物館。
 

3つのゾーンに分かれた園内には、八王子など東京西部の江戸時代の農家、昭和初期の田園調布や麻布に建てられていたモダン住宅、そして小岩や千住など下町の商店の建物が復元、展示されています。
 

江戸東京たてもの園はスタジオジブリが、千と千尋の神隠しの制作にあたり「大いに参考にした場所」として公式に発表しているスポットでもあり、商店や居酒屋が立ち並ぶ下町中通りを中心に、ジプリ映画の世界を堪能できます。
 
 

江戸東京たてもの園を散策

江戸東京たてもの園の散策路を歩きながら、ゆっくりと建物や屋外展示物を見て廻り約90分ほど。

江戸東京たてもの園

江戸東京たてもの園の正面入り口から左手は山の手の近代的な建物が並びます。

江戸東京たてもの園

建物内の家具や装飾もリアルに復元され、昭和モダンの香りが。

江戸東京たてもの園

常盤台にあった写真館の復元。外光を得るために窓に工夫がされています。

江戸東京たてもの園

写真館の内部。写真撮影のイベントも行われています。

江戸東京たてもの園

樹木ゾーンに沿って走る武蔵野の道では自然散策も楽しめます。

江戸東京たてもの園

徳川家の家臣が配備されていた格式高い八王子の千人同心組頭の家。

江戸東京たてもの園

世田谷区岡本にあった茅葺の民家。家内もリアルに再現されています。

江戸東京たてもの園

明治から昭和初期にかけて活躍した政治家、高橋是清の家。1Fは無料の休憩室やお茶が飲める茶房があります。

江戸東京たてもの園

東ゾーンは下町の商店が建ち並ぶ楽しい場所。写真は神田須田町の文具店、武居三省堂。

江戸東京たてもの園

上野不忍池沿いにあった化粧品店、村上精華堂のモダンな建物。

江戸東京たてもの園

千住にあった銭湯の内装。タイルに富士山が描かれています。

江戸東京たてもの園

台東区下谷にあった居酒屋の内部。精巧に再現されています。

江戸東京たてもの園

1962年に製造され、都内を走っていた都電。車両内にも自由に入ることができます。

江戸東京たてもの園

万世橋の袂にあった須田町派出所。

ビジターセンターには記念品を販売するミュージアムショップ、図書コーナー、そして歴史展示室などがあります。

 

江戸東京たてもの園へのアクセス

・JR中央線「武蔵小金井駅」北口から

西武バスの東久留米駅西口行き(武12・21)に乗車して「小金井公園西口」バス停で下車。
(所要時間4分)
バス停からたてもの園まで徒歩7分(500m)
 
関東バスの三鷹駅北口行き(鷹33・35)に乗車して「江戸東京たてもの園前」バス停で下車。
(所要時間4分)
バス停からたてもの園まで徒歩3分(240m)
 

・JR中央線「東小金井駅」から

小金井市コミュニティバス「CoCoバス」の北東部循環に乗車して、「たてもの園入口」で下車。
(所要時間6分)
バス停からたてもの園まで徒歩7分(500m)
 

・西武線「花小金井駅」南口から
南花小金井バス停から、西武バスの「武蔵小金井駅」行き(武14・15)に乗車して「小金井公園西口」バス停で下車。
(所要時間3分)
 

江戸東京たてもの園の駐車場

小金井公園の第1駐車場を利用してください。

利用時間:24時間
料金:1時間300円 以降20分100円
収容台数:425台
 

 
ルート検索


住所 東京都小金井市桜町3-7-1(小金井公園内)
TEL : 042-388-3300
公園情報開園時間: 
4-9月 9時30分~5時30分 
10月-3月 9時30分~4時30分
休園日 : 月曜日、年末年始
観覧料 : 400円
園内の施設・ミュージアムショップ
・展示室
・ビジターセンター

・カフェ 武蔵野茶房
営業時間 : 10時30分~17時(10月~3月は16時30分まで)

・たべもの処 蔵
営業時間:
平日 11時~15時30分
4月~9月の土日祝日は16時30分まで
10月~3月の土日祝日は16時分まで
                   
関連情報