海の公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
横浜市金沢区

海の公園


海の公園

海の公園は横浜で唯一の海水浴場。潮干狩りもできる。

 
海の公園は八景島と野島公園に囲まれた約1kmの人口の海水浴場。
カニやアサリなど海の生きものが生息する浜では、潮干狩りや磯遊びができるほか、テントやタープを持参すればデイキャンプが楽しめます。
 

海の公園の概要

海の公園は千葉県から運んだ砂で人工的につくられた、横浜で唯一の海水浴場です。
 

海の公園の正面入り口から入ってすぐに見えてくるのは、広い海と砂浜。
遠浅で穏やかな波の海は、子どもも安心して海水浴が楽しめます。

海水浴シーズンには、浜に更衣室とシャワー室が完備された休憩テントが設置されますが、テントを持参すればいつでもデイキャンプが楽しめます。
 

北側の柴口駅付近にはビーチバレー場やサッカー場などのスポーツ施設と、水遊び場があるなぎさ広場。
八景島駅のすぐ近くには、海の生き物観察や磯遊びができる磯場が広がっています
 
 
海の公園の南側には40サイトバーベキュー場。
食材やバーベキュー用品は、隣接する磯浜売店でレンタルしているので、手ぶらで大丈夫です。
 
 
また、シーサイドライン沿いに広がる松林には、1周約2kmのジョギングコースが巡り、ウォーキングやジョギングを楽しむことができます。
 

海の公園の見どころ

海の公園では、3月中旬から6月の期間、無料で潮干狩りが楽しめます。
 
アサリやシオフキなど2kgまでお持ち帰りが可能なので、網とバケツを持って出かけよう。

無料の足洗い場と、有料の温水シャワー室が完備されています。

 

海の公園を散策

海の公園

八景島駅から海の公園南口まで1km続く人工の浜は横浜市唯一の海水浴場。

海の公園

海の公園は湾の入り江に位置し、左手に八景島、右手には野島を臨むことができます。

海の公園

海辺には貝やカニなどの生き物も生息しています。

海の公園

横浜市とは思えないほどのビーチリゾート感。無料で休憩できる大型テントも完備。

海の公園

海の公園の南側、海岸沿いにあるバーベキュー場。手ぶらでもokです。

海の公園

バーベキュー場へ続く海岸沿いには食材の購入や器材をレンタルできる売店。

海の公園

海の公園の南北に通るジョギングコースは2,200m。松林の中を気持ちの良いランニングやウォーキングが。

海の公園

磯浜駐車場から浜へと続く海の公園のエントランス。

海の公園

駐車場は北側の柴口駐車場と、南側の磯浜駐車場、夏のシーズンは中央入り口付近に臨時駐車場も開設。写真は磯浜駐車場。

海の公園マップ
海の公園マップ
 

海の公園へのアクセス

金沢シーサイドライン「海の公園柴口駅」または「海の公園南口駅」から徒歩2分
 

海の公園の駐車場

・柴口駐車場
営業時間:4時~22時
収容台数:1,064台

・磯浜駐車場 
営業時間:4時~22時
収容台数:362台

・臨時駐車場※混雑時のみ営業
営業時間:8時~15時
収容台数:262台

料金:1時間310円
 

 
ルート検索


住所 神奈川県横浜市金沢区海の公園10
TEL:045-701-3450(公園管理センター)
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設・バーベキュー場
営業期間 : 3月~11月
営業時間 : 10時~17時30分(1部制の日は15時まで)
手ぶらでバーベキューも可
器材レンタルあり
現地で食材の購入も可能

・水遊び場(なぎさ広場)
利用期間 : 7月第二土曜日~8月31日
利用時間 : 9時30分~16時30分
料金 : 無料

・シャワー室(更衣室)
利用料 : 大人200円 子ども100円

・ビーチバレーコート
利用時間 : 日の出から日没まで
料金 : 無料

・多目的グラウンド
利用期間:
4月第1日曜日~6月末日
8月1日〜12月第3日曜日

・多目的スペース
自由利用

・犬の遊び場
・休憩所

・かき小屋
営業期間 : 11月~3月
営業時間 : 10時30分~21時
休業日 : 年末年始
                   
関連情報