東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
大田区

東京湾野鳥公園は鳥の楽園


東京湾野鳥公園




120種類の野鳥

東京湾の埋立地を整備して造られた東京湾野鳥公園は東京を代表するバードウォッチングの名所。

園内には野鳥が沢山集まる干潟やヨシ原などがあり、年間で120種類もの鳥が飛来します。

野鳥撮影を目的に来場する人もたくさん。

 

東京湾野鳥公園の干潟沿いからは季節の渡り鳥や海辺の動物を観察することができ、また農園風景を再現した自然生態園には田んぼや畑、小川など、むかし懐かしい景色が広がっています。

広場ではお弁当を広げている家族連れも見かけますが、全体的には静かで落ち着いた雰囲気の公園です。




基本情報

入園料有料
バーベキュー場×
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール×
駐車場

東京湾野鳥公園

東京湾野鳥公園の中央にある管理事務所。券売機でチケットを購入します。大人300円。

東京湾野鳥公園

潮入りの池へと続くゲート。散策路を通って一番奥にある観察小屋までは10分ほど。

東京湾野鳥公園

管理事務所のすぐ裏手にある芝生広場は、ピクニックに適しています。

東京湾野鳥公園

東淡水池の脇を通る散策路。

東京湾野鳥公園

東淡水池は雨水を貯めてできた池。池の周りはヨシ原と林に囲まれています。 

東京湾野鳥公園

淡水池沿いにある東観察小屋。無料の望遠鏡が備え付けられバードウォッチングが楽しめます。



東京湾野鳥公園

淡水池の近くにある広場もお弁当のおすすめポイント。

東京湾野鳥公園

第二観察小屋、第一観察小屋へと続く散策路。

東京湾野鳥公園

東京湾野鳥公園の第二観察小屋。一年を通してバードウォッチングや干潟の生き物を観察することができます。

東京湾野鳥公園

東京湾野鳥公園の最南端にある第一観察小屋からの潮入りの池の景色。

東京湾野鳥公園

第二観察小屋と、園内の自然に関する展示などが行われているネイチャーセンター。

東京湾野鳥公園

東京湾野鳥公園の西側にある自然生態園の入り口。



東京湾野鳥公園

自然観察会などの催しの拠点、自然学習センターの建物。

東京湾野鳥公園

小川、池、雑木林。自然生態園はのどかな風景に満ちた自然生態園。

東京湾野鳥公園

生態園の奥にある第四観察小屋はモダンな建物。

東京湾野鳥公園

雨水を貯めて出来た淡水の池。

東京湾野鳥公園

小鳥や昆虫、魚などさまざまな生き物と触れ合うことができます。

東京湾野鳥公園

東京湾野鳥公園の駐車場入り口は大井南陸橋の西側に。はじめての人にはわかりづらい場所です。



東京湾野鳥公園の東側は干潟に集まるキジやカモなどのバードウォッチングが楽しめる観察エリア。
西側は小川や田畑など田舎の田園風景を再現したエリア。
東西のエリアでまったくと言っていいほど雰囲気、特徴が異なる公園です。
周辺の公園

住所 東京都大田区東海3-1
アクセス自動車 首都高湾岸線大井南IC、または羽田線平和島ICから、それぞれ約10分
電 車 JR大森駅 京急平和島駅から京浜島循環、昭和島循環、城南島循環、京浜島・昭和島循環、大田市場行き「野鳥公園」または「東京港野鳥公園」
東京モノレール流通センター駅
公園情報開園時間 2月~10月 9時~17時 11月~1月 9時~16時30分
休園日 毎週月曜日、年末年始
入園料 300円
園内の施設ネイチャーセンター
自然学習センター
駐車場20台 無料