中央公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
横須賀市

中央公園


横須賀中央公園

中央公園の展望台から眺める横須賀の夜景。

 
横須賀市の高台に位置する中央公園は桜やツツジなど四季を通して花が楽しめる横須賀市民の憩いの公園。
展望台から眺める東京湾や対岸の房総半島の夜景が人気です。

園内には、三浦半島の歴史などを学べる「自然・人文博物館」があります。
 
(中央公園はリニューアル工事のため、令和3年3月31日まで閉鎖中)
 

横須賀中央公園の概要

三浦半島には東京湾の防衛を目的に、横須賀から観音崎を中心に砲台が28箇所ありました。

中央公園も、旧日本軍の演習砲台跡地で造られた公園です。

 

園内には慰霊碑と核兵器廃絶・平和都市宣言のモニュメントが立っています。
(モニュメントは老朽化のため2020年に一度撤去され、今後リュアルされる予定)
 
 

三浦半島の歴史を知れる横須賀市自然人文博物館は見ごたえがあります。

 

中央公園の見どころ

高台に位置している横須賀中央公園には、展望ポイントが何か所もありますが、おすすめは屋根が付いている展望台。

横浜市内はもちろんのこと、富士山や東京湾の対岸の房総半島まで見ることが。
 

特に、中央公園の展望台からの夜景は美しく、横浜のランドマークと市街地の灯りが眺められます。

中央公園は24時間出入りできますので、デートにおすすめ。

 

中央公園を散策

横須賀中央公園

中央公園の高台に建つ20mのモニュメント。核兵器廃絶と平和都市宣言を示すため平成4年に建築。

横須賀中央公園

むかしは砲台があった場所だとすぐにわかる展望台。ここから横須賀の海が一望できます。

横須賀中央公園

中央公園の展望台から横須賀市内の眺め。

横須賀中央公園

正面に猿島、左側にみなとみらい、右は観音崎、遠方には富津崎まで望むことが。

横須賀中央公園

中央公園の南側にある横須賀市自然人文博物館。

横須賀中央公園

三浦半島の地形、漁民や農民の暮らし、三浦にゆかりのある外国人の資料が展示されています。

 

中央公園へのアクセス

・京急「横須賀中央駅」から徒歩12分(800m)
 

・バスを利用する

横須賀中央駅から、京急バスの三崎東岡行き(須8)、三崎港行き(須7)、または三崎口駅行き(須8)に乗車して「文化会館前」バス停で下車。
(所要時間7分)

バス停から中央公園まで徒歩6分(350m)
 

中央公園の駐車場

中央公園には駐車場はありませんが、お車の方は隣接する横須賀市文化会館の駐車場を利用してください。

利用時間:7時30分~23時
料金:4時間まで320円 以降30分210円
収容台数:172台

文化会館駐車場から中央公園までは徒歩3分です。
 

 
ルート検索
 

横須賀中央駅からはバス、または徒歩で20分と少し交通の便は良くないですが、観光地化されない分、のんびりとできます。
それほど広くなく施設もありませんが、静かに海の景色を眺めていたい人にはおすすめ。

住所
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設・横須賀市自然人文博物館
開館時間 : 9時~19時
休館日 : 月曜日、年末年始
入館料 : 無料
                   
関連情報