東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
横浜市金沢区

野島公園


野島公園

野島公園でキャンプにバーベキュー

 
金沢区の平潟湾入口に位置する野島公園は、横浜市で唯一、自然の海浜が残る公園。

野島公園には、バーベキュー場やキャンプ場、野球場などのアウトドア施設と、野島貝塚や旧伊藤博文金沢別邸など、歴史的と文化を感じるスポットが点在。

浜では潮干狩りも楽しめます。
 
海抜57メートルの野島山の展望台からの景色は、横浜の海はもちろん、房総半島や富士山まで360度の絶景。
 

海を眺めながらバーベキュー

野島公園には、30サイトのバーベキュー場と40区画のキャンプ場が整備されています。
 
バーベキューはテーブルのみの予約と、食材を合わせた予約ができるので手ぶらでもok。
コンロや木炭などのバーベキュー用品も売店で購入できます。

キャンプサイトは、日帰りと宿泊型の二種類。
 

潮干狩りのシーズンやゴールデンウィーク、夏休みには遠方からも利用者が来てたいへん混雑しますので、繁忙期は早めの予約をおすすめします。

野島公園 キャンプ場・バーベキュー場予約サイト
利用日の一か月前から予約が能
 

野島公園の歴史

野島は江戸庶民にも愛された観光地で、安藤広重の描いた浮世絵、野島夕照(のじまのせきしょう)の場所にもなっています。

 

戦時中、この地には基地が建てられましたが、戦後、横浜市が国から貸与を受け、野島公園として開発されました。

現在も野島公園には戦闘機の格納用トンネル跡などが残っています。




野島公園

野島公園周辺は埋め立てが進んだ横浜市内の海で、唯一残された自然の海岸。都心からのアクセスも良く首都圏でお薦めの海浜。

野島公園

海岸の長さは100m程度と広くはありませんが、夏でも人は少なく、のんびりと砂浜や海で遊ぶことができます。海の家や売店などの施設はありません。

野島公園

野島公園の中央にある野島山の展望台は海抜57m。駐車場から坂道を5分ほど登ると到着。

野島公園

展望台からは三浦半島、鎌倉、横浜と360度のパノラマが楽しめます。写真は手前に金沢漁港、その向こうに海の公園。

野島公園

展望台の下はお弁当を広げるには最適な芝生広場。浮世絵画家、安藤広重の書いた「野島夕照」の碑が広場の一角に建てられています。

野島公園

展望台は駐車場からと、稲荷神社近くから登ることができますが、神社からは急な階段が続きますので、駐車場から向かうことをお薦めします。



野島公園

野島公園の海岸沿いにあるキャンプ場は宿泊も可能。

野島公園

樹木に囲まれたバーベキュー場。キャンプ場とともに利用は予約が必要です。

野島公園

バーベキュー場の近くにある野島青少年研修センター。館内には売店もあります。

野島公園

散歩やベンチに座って海を眺めるのに適した平潟湾沿い。

野島公園

浅瀬の平潟湾にはアサリやシオフキなどの貝類が生息し、春から夏にかけて潮干狩りができます。

野島公園

戦時中に作られた飛行機の格納用トンネル跡。東京湾岸の公園には今も戦争の爪あとが残っている場所が多くあります。

公式サイト
公益財団法人 横浜市緑の協会

「動」のイメージがある近隣の八景島や海の公園に比べ、野島公園は「静」の島。
横浜で唯一残る海岸や野島山は人気も少なく、ゆっくりと海の景色を堪能することができます。
野島公園の特徴であるバーベキュー場やキャンプ場もちょっとしたリゾートの雰囲気。
皆さんアウトドアレジャーを楽しんでいますが、決して騒がしくはなく、大人がゆっくりと過ごせる公園です。





最終更新日:2020.07.29


住所 神奈川県横浜市金沢区野島町24
アクセス自動車 横浜横須賀道路 朝比奈IC→県23→国道16号(4.5km) 
電  車 金沢シーサイドライン野島公園駅徒歩5分
公園情報常時開園 無料
園内の施設バーベキュー場
3月~11月
10時~16時30分
夏季は一日二部制で入れ替えあり
テーブル 2,000円(土日祝は2,500円)
持ち込み・手ぶら可

キャンプ場
3月~11月
10時~翌朝9時30分
一区画 2,000円または2,500円

旧伊藤博文金沢別邸
駐車場第1駐車場 104台 200円/1h
第2駐車場 52台 200円/1h
臨時駐車場 旧伊藤博文金沢別邸 170台 600円/1日