東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ


           
千葉市

千葉ポートパーク


千葉ポートパーク

千葉ポートパークでアウトドアレジャーを満喫

 
千葉ポートパークは、千葉駅から10分で行ける浜辺と芝生広場の公園。

千葉県民が500万人になったことを記念して、千葉港発祥の地である千葉中央地区に1986年(昭和61年)、オープンしました。

 

千葉ポートパークはピクニックができる円形芝生広場、水遊びとバーベキューのウォータープラザ、そして潮干狩りとデイキャンプができるビーチプラザに分かれています。
 

西側には、全天候型テニスコートが4面あり、朝からテニスを楽しむ「朝テニ俱楽部」も開催されています。
 

ビーチで潮干狩り

千葉ポートパークの特徴は人口浜のビーチプラザ。

長さが590メートルある砂浜では、ゴールデンウイークから夏の期間、無料で天然のアサリやハマグリ、ホンビノスと言った貝が摂れます。

潮干狩りは干潮の時間がおすすめ。

 

砂浜にタープやテントを設置すれば、デイキャンプもできます。
 

潮干狩り以外のシーズンでも、水遊びや貝ひろいが楽しめる。

 

千葉ポートパークでピクニック

千葉ポートパークの円形広場と展望の丘はピクニックに絶好の場所。

子どもが遊びまわれる円形広場、丘の上から周辺の景色を眺めてのんびりするなら展望の丘。

お弁当を持って出かけよう。

500本の桜が咲く遊歩道の桜並木でお花見したり、秋には紅葉も楽しめます。

 

家族や友達同士で気軽にバーベキューが楽しめるBBQ場は手ぶらで利用可能。

7月下旬から8月下旬の土日祝日は、ビアガーデンもオープンします。

 

デートにもおすすめ

富士山が眺められるビーチ沿いの散策路や、人気の少ない展望の丘はカップルにもおすすめ。
海の景色を眺めながら語らいができる静かな場所。
 

高さ125メートルの千葉ポートタワーでは、東京湾の夜景を眺めながら、ブッフェ形式の食事が楽しめます。




YouTubeでも千葉ポートパークの動画が見れます!icon-external-link (1分54秒)



千葉ポートパーク

潮干狩りや貝ひろいができるビーチプラザ。ウインドサーフィンや釣りを楽しむ人も。

千葉ポートパーク

浜辺の芝生ではデイキャンプも。晴れた日にはビーチから富士山も眺められます。

千葉ポートパーク

長さ590mのビーチプラザで海辺を散策。海はひざ丈ほどですが、潮干狩りをするなら水着を持っていこう。

千葉ポートパーク

海辺でのんびりできる千葉ポートパークはデートにもおすすめ。浜から見る夜景も格別。

千葉ポートパーク

広大な円形芝生広場は芝すべりなど子どもたちの遊び場。コンサートやスポーツ大会の会場としても利用されます。

千葉ポートパーク

千葉ポートパークでおすすめ場所は展望の丘。海と山の眺望が楽しめる隠れスポット。



千葉ポートパーク

斜展望の丘から望む、円形広場と千葉ポートタワーの景色。

千葉ポートパーク

夏は水遊びができるウォータープラザ。

千葉ポートパーク

バーベキューは手ぶらでも持ち込みでもok。

千葉ポートパーク

遊遊広場と千葉ポートタワー。タワーからは幕張新都心や稲毛の浜、スカイツリーまで望めます。

千葉ポートパーク

無料駐車場はポートタワーの脇に。

千葉港

千葉ポートパークに行ったら、隣の千葉港にも立ち寄りたい。133キロメートルの日本一広い港です。

公式サイト
千葉ポートパーク




住所 千葉市中央区中央港1丁目
アクセス自動車 東関東自動車道 湾岸習志野ICから20分
電 車 JR京葉線・千葉都市モノレール 千葉みなと駅から徒歩10分
公園情報常時開園
無料
園内の施設・バーベキュー場
11時~15時
食材がセットになった手ぶらコース 2,100円/1名~
コンロなど器材のみレンタルもあり
冬季も利用できます(要予約)

・千葉ポートタワー
6月~9月
9:00~21:00(毎日)
10月~5月
9:00~19:00(月~金)
9:00~20:00(土日祝)
年末年始はお休み
入館料 420円
駐車場240台 無料
6~9月 9時~21時
10~5月 9時~19時