東伏見公園 | 電車が見れるロングすべり台が人気
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
西東京市

東伏見公園


東伏見公園

東伏見公園はながーい滑り台があるレクリエーション公園。

 
東伏見公園は平坦で大きな多目的広場と見晴らしの良いデッキが特徴の西東京市の公園。

ボール遊びやランニングなどの運動ができる原っぱと遊具が設置された遊具広場。

電車を見ながら滑り降りるロング滑り台は東伏見公園のシンボルで子どもたちに人気があります。
 

東伏見公園の概要

東伏見公園は2013年に開園した比較的新しい公園です。

西武新宿線の東伏見駅と西武柳沢駅の中間に位置する東伏見公園は、周辺に石神井川や東伏見神社がある緑と水に恵まれた環境。
 

ソメイヨシノやキンモクセイなど花木が植えられた園内には、ボール遊びができる多目的広場と、遊具と健康器具が設置された広場。
そして、西武線沿いには眺望の良い休息施設が配されています。
 

周辺に視界を遮る建物がない東伏見公園の丘からは、晴れた日には富士山を眺めることもできます。
 
 
平坦な多目的広場ではランニングやレジャーシートを敷いてピクニックも楽しめます。

東伏見公園には日陰の場所が少ないですので、テントやタープがあると重宝します。
 
 

今後、親水広場と石神井川緑地が整備され、近隣の武蔵関公園まで遊歩道でつながる予定です。
 
 
360度の景色 (多目的広場)


 

東伏見公園の見どころ

東伏見公園のシンボルは丘の上にある49メートルのローラー滑り台。
 
滑っている途中からも電車や空の景色が眺められる滑り台は、休日は順番待ちの列ができるほどの人気。
何回もすべるなら、段ボールなどお尻に敷くものがあった方が良いです。
 

また、東伏見公園の南側にはSL型のすべり台や壁登りロープなど、幼児向けの遊具が設置されています。
 
YouTubeでも東伏見公園の動画が見れます!icon-external-link (1分25秒)
 

東伏見公園を散策

東伏見公園

東伏見駅と西武柳沢駅の中間に位置する東伏見公園。どちらの駅からでも歩いて行けます。写真は東伏見駅側のエントランス。

東伏見公園

大きな原っぱの多目的広場。ボール遊びやテントを張ってピクニックが楽しめます。

東伏見公園

東伏見公園の高台にあるデッキからは、西武線の電車を眼下に眺められます。

東伏見公園

黄色が印象的なローラー滑り台は東伏見公園のシンボル。

東伏見公園

滑り台の長さは49メートル。おしりが熱くなるから段ボールを敷いてすべろう。

東伏見公園

縄のぼりができるアスレチックやSL形の遊具も設置されています。

東伏見公園

木陰が少なく休息所も二か所しかないので日差しには注意。暑い日は飲み物を持っていこう。

東伏見公園

跨線橋は西武線にかかる広い歩道橋。

東伏見公園

2013年の開園後も、公園の造成は続けられ、将来的には石神井川や武蔵関公園まで接続される予定です。

東伏見公園マップ
東伏見公園マップ
 

東伏見公園へのアクセス

・西武新宿線「西武柳沢駅」南口から徒歩4分(300m)、

・西武新宿線「東伏見駅」南口から徒歩6分(550m)
 

東伏見公園の駐車場

東伏見公園には駐車場はありませんので、お車の方は周辺の時間貸し駐車場を利用してください。
 

 
ルート検索



 
 

今後、造成が進めば、公園の南を流れる石神井川と緑道で結ばれる予定。
この記事の取材日は2019年10月ですが、年々、拡張されていくと思います

住所 東京都西東京市東伏見1
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
面積 : 35,685.14 平方メートル (平成27年現在)
開園日 : 平成25年4月
園内の施設・多目的広場
・デッキ
・あずまや
・遊具
・トイレ
・ベビーベッド
・水飲み場
・自販機

※園内に売店、レストランはありません
                   
関連情報