神代植物公園 | 関東公園ガイド [パークナビ]
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
調布市

神代植物公園


神代植物公園のバラの見頃は? 園内の見どころを徹底解説

神代植物公園は1961年(昭和36年)に開園した、バラで有名な植物公園。
49ヘクタールもの広大な敷地には、4,800種類、10万本の花木が植えられています。
 
この記事では、神代植物公園で見られる花の見頃と、バラ園や水生植物園など園内の見どころについて解説します。
 
 

2021年10月現在、神代植物公園への入園には、整理券が必要になっています。
整理券の申し込みについては、【神代植物公園】整理券のお申込ページをご覧ください。
 
入園者数が上限に満たない場合、当日のお申し込みも可能です。

 

 

1.神代植物公園のバラの見頃


神代植物公園のバラの見頃は、春バラが5月中旬から7月下旬。
秋バラの見頃は10月上旬から11月上旬です。
 
 
神代植物公園のバラの開花情報は、神代植物公園の公式Twitterで確認できます。
 
・2021年の春バラの開花情報


 
・2021年の秋バラの開花情報

 

2.神代植物公園のバラ園

神代植物公園のバラ園は、1959年(昭和34年)にアメリカのロサンゼルス市から、日米親善のために贈られた、80品種、986株のバラの苗木を植えたのがはじまりです。
 
神代植物公園の正門を入って右手に広がるバラ園は、3つのエリアに分かれています。
 

2-1.本園


本園のバラの花壇は、中央の低地にある大噴水を取り囲むようにバラが植栽されている沈床式の庭園様式。
 
左右シンメトリックに設計された花壇には、409品種、約5,200株のバラが植えられています。
 
 
バラ園の周りには、花壇が一望できるテラスや、ベンチのある藤棚が配されていますので、日差しをよけながらのんびりとバラが鑑賞できます。
 
また、バラ園の西側には、子どもが走り回ったり、レジャーシートを敷いてピクニックができる芝生が広がっています。
 

2-2.野生種・オールドローズ園


バラの野生種は北半球に200種あると言われていますが、中でも1867年以前に栽培された歴史的な品種をオールドローズと呼びます。
 
神代植物公園の野生種・オールドローズ園には、バラの育種家で、ミスターローズと呼ばれた鈴木省三が、世界各地から収集した、約40種類のオールドローズが植えられています。
 

2-3.国際ばらコンクール花壇


国際ばら品種コンクールにおいて、優秀な成績を収めた品種が展示されている、国際ばらコンクール花壇。
神代植物公園では、コンクールに出品される世界未発表のバラの品評がされています。
 
2009年度のばらコンクールで金賞を受賞した、クィーン・オブ・神代も鑑賞できます。

 

3.神代植物公園のバラフェスタ

神代植物公園では、バラの見頃の時期に合わせて、バラフェスタと銘打ったイベントが開催されます。
 
・神代植物公園のバラフェスタ開催期間
春のバラフェスタ 5月上旬から6月上旬
秋のバラフェスタ 10月上旬から10月下旬
9時30分~17時
 
・早朝開園
芳しい朝のバラ園を楽しめるよう、バラフェスタ期間中の土日祝日は、8時から入園が可能になります。
 
・ライトアップ
バラフェスタ期間中は、神代植物公園の閉園時間が19時30分まで延長され、バラ園ではライトアップイベントが開催されます。
 
・香りのモーニングツアー
香りの専門家による早朝のばら園のツアー。ツアーは8時から10時の2時間です。
予約は電話受付。各日先着25名。
参加費は無料
 
・バラのカフェテラス
バラ園の東側に、バラのアイスクリームやジュースを販売するブースが出店します。
お店の前にはバラ園を一望できるテーブルやベンチも設置されます。
 
その他にも、ばら園コンサートや、バラの品種改良についての講演会などが開催されます。
 
 
バラフェスタの開催日や内容については、神代植物公園サービスセンターにお問い合わせください。
 
神代植物公園サービスセンター TEL 042-483-2300

 

4.大温室


熱帯・亜熱帯植物が栽培されている神代植物公園の大温室は、2016年9月にリニュアルオープンしました。
 
温室内は、洋ランを中心に600品種が展示されているラン室、300品種のベゴニアが展示されているベゴニア室、池がある熱帯スイレン室、そして、熱帯花木室、小笠原植物室、乾燥地植物室の6つの室に分かれていて、それぞれの室を回遊しながら植物が鑑賞できます。

 

5.水生植物園 (無料区域)


神代植物公園の水生植物園は、公園の深大寺門から徒歩5分ほどの無料区域にあります。
 
一度、公園の外に出る必要がありますが、深大寺門でスタンプを押してもらえば再入場できます。
 
水生植物園の東側は、湧水が集まって湿地帯をなしている谷戸の地形。
広さ880平方メートルの園内は、花菖蒲ゾーン、アシ原ゾーン、水田ゾーンなどに分かれていて、90メートルほどつづく木道から、水生植物が鑑賞できます。
 
 
・水生植物園で見れる植物の種類と見頃
花菖蒲 : 5月下旬~6月中旬
ハス : 7月~8月
パラグアイオニバス(オオオニバス) : 7月~9月
ヒガンバナ(曼珠沙華) : 9月中旬~下旬

 

6.植物多様性センター (無料区域)


神代植物公園の無料区域にある植物多様性センターは、東京都の貴重な野生植物の保護・増殖を行うことを目的に2012年(平成24年)4月に開園しました。
 
植物多様性センターは、屋外の見本園と屋内の情報館に分かれていて、見本園では奥多摩の落葉広葉樹林や、絶滅の危機に瀕しているキキョウ、そして、伊豆諸島固有のサクユリなどが見られます。
 
また、情報館では東京の植物多様性や絶滅危惧植物、植物の生活や自然環境に関する展示が行われています。
 
・植物多様性センター
開園時間 9:30~17:00
入園料 無料
 

7.神代植物公園の花の見頃

神代植物公園では、バラや水生植物以外にも、四季を通して多くの花木を見ることができます。
 
神代植物公園の花の種類と見頃を、季節ごとに紹介します。
 

7-1.春の見どころ

・梅

神代植物公園の梅の見頃は1月下旬から3月中旬です。
 
深大寺門にほど近い「うめ園」には、72品種、210本の梅の木が植えられていて、1月中旬に紅冬至や八重寒紅が開花しはじめ、2月中旬頃に満開となります。
 
神代植物公園では、2月上旬から3月上旬にかけて「梅まつり」が開催され、うめ園では梅見茶屋が出店したり、ガイドツアーが行われます。
 
 
・桜
神代植物公園の桜の見頃は2月から5月中旬です。
 
2月は早咲きのカンヒザクラ、オオカンザクラが見頃を迎え、3月下旬のソメイヨシノ、4月上旬から中旬のヤエベニシダレ。
そして5月中旬のサトザクラまで、65品種 600本の桜を、3か月間に渡って楽しむことができます。 
 
また、10月には十月桜やフユザクラを見ることができます。
 
桜は、芝生広場の東側にひろがる「さくら園」を中心に、芝生広場の西側や、ばら園の入口でも見ることができます。
 
3月中旬から4月中旬には「椿・さくらまつり」が行われ、期間中はガイドツアーやコンサートなどのイベントが開催されます。


 
・ハナモモ

神代植物公園のハナモモの見頃は3月から4月です。
 
はなもも園には、白花の早咲き種「寒白」や赤花の八重咲き種「矢口」、また白花と紅花が混じった「源平」など、10種30本のハナモモが植えられています。
 
 
・ツツジ

神代植物公園のツツジの見頃は、クルメツツジ(160品種)が4月下旬から5月上旬。
サツキツツジ(120品種)が5月下旬から6月上旬です。
 
正門の近くにある「つつじ園」には、約12,000株のツツジが植えられています。
 
ツツジが見頃を迎える4月中旬にはツツジまつりが開催され、ツツジの即売会やガイドツアーが行われます。
 
 
・ぼたん
神代植物公園のぼたんの見頃は4月中旬から5月上旬です。
 
正門を入って左手にある「ぼたん・しゃくやく園」には、100品種480株のぼたんが植えられています。

 

7-2.夏の見どころ

・紫陽花
神代植物公園の紫陽花の見頃は6月上旬から7月上旬です。
 
有料区域にある「あじさい園」の他、無料区域の植物多様性センターと水生植物園では、ヤマアジサイやガクアジサイなど100種類、500株の紫陽花を見ることができます。


 
・ヤマユリ
神代植物公園のヤマユリの見頃は7月から8月です。
 
ヤマユリは「山野草園」のほか、植物多様性センターと水生植物園で見ることができます。

 

7-3.秋の見どころ

・ハギ
神代植物公園のハギの見頃は8月下旬から10月上旬です。
 
はぎ園では、10品種110株のハギをはじめ、オミナエシやキキョウなどの秋の七草を見ることができます。


 

・ダリア
神代植物公園のダリアの見頃は9月下旬から10月中旬です。
 
ダリアの日本の花期は6月~7月、そして9月~11月ですが、神代植物公園のダリアは10月が最盛期。
ダリア園には、80種160株のダリアが植わっています。

 

7-4.冬の見どころ

・ツバキ・サザンカ
神代植物公園のツバキは12月下旬から咲きはじめ、見頃は1月下旬から2月上旬です。
サザンカの見頃は10月から12月です。
 
サザンカもツバキ科の植物ですので、ほとんど見分けがつきませんが、サザンカの方がツバキよりも開花時期が早いのが特徴です。
 

神代植物公園の「つばき・さざんか園」では、江戸時代からつづいている歴史のある品種を含め、260品種のツバキとサザンカを見ることができます。


 

・ロウバイ
神代植物公園のロウバイの見頃は12月下旬から2月下旬です。
 
ロウバイはうめ園の他、植物多様性センターと水生植物園で見ることができます。


 
 
神代植物公園マップ

 

8.神代植物公園へのアクセス

・京王線「調布駅」北口から

京王バスの「神代植物公園・深大寺」行き(調34)に乗車して「神代植物公園」バス停で下車。
(所要時間11分)

小田急バスの「三鷹駅」行き、または吉祥寺駅行き(調31)に乗車して「神代植物公園」で下車。
(所要時間10分)
 

・京王線「つつじが丘駅」北口から

京王バスの「神代植物公園・深大寺」行き(丘21)に乗車して「神代植物公園」で下車。
(所要時間12分)
 

・JR中央線「吉祥寺駅」南口から

小田急バスの「調布駅北口」行き(吉06)に乗車して「神代植物公園」で下車。
(所要時間21分)
 

9.神代植物公園の駐車場

神代植物公園の駐車場は神代植物公園通りに二か所あります。

・第一駐車場(228台)
植物会館の前

・第二駐車場(100台)
ドッグランの近く
 
利用時間:24時間
料金:1時間300円 以降20分100円
 

 
ルート検索


住所 東京都調布市深大寺元町5-31-10
TEL : 042-483-2300
公園情報開園時間 : 9時30分~17時 
休園日 : 月曜日 年末年始 
入園料
おとな 500円
中学生 200円 (都内在住・在学の中学生は無料)
小学生以下無料
園内の施設・大温室
・バラ園
・ドッグラン
・売店(芝生売店/バラ売店/植物売店/ガーデン売店)
営業時間 : 9時30分~17時

・神代グリーンサロン(飲食店)
営業時間 : 9時30分~17時

・植物多様性センター
開園時間 : 9時30分~17時
入園料 : 無料
休園日 : 月曜日

・植物会館(展示室 集会所)
                   
関連情報