明治神宮御苑 | 菖蒲田に咲く1,500株のハナショウブ
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
渋谷区

明治神宮御苑


明治神宮御苑

明治神宮御苑は花菖蒲が有名な庭園。

 
明治神宮御苑は明治神宮の境内に位置する有料の庭園。
菖蒲田の花菖蒲が見ごろを迎える6月はたくさんの観光客で賑わいます。
 

明治神宮御苑の概要

明治神宮御苑は江戸初期に加藤清正の下屋敷の庭園だった場所で、明治に入り宮内庁所管となり代々木御苑と呼ばれていた時代もありました。

 
あずまやと池、隔雲亭が配された明治神宮外苑は、笹の間を縫うように小径が通り、武蔵野の里の風景を堪能しながら20分ほどのお散歩ができます。

 

明治神宮御苑のおすすめの季節は新緑の4月、花菖蒲の初夏、そして、美しい紅葉風景が見れる11月下旬です。

 

明治神宮御苑の見どころ

明治神宮御苑の花菖蒲は明治26年、明治天皇の思し召しにより昭憲皇太后のために植えられたものです。

 

明治神宮外苑の清正井(きよまさのいど)から湧き出た水でつくられた菖蒲田には、150種、1,500株もの花菖蒲。

初夏には白と紫色の花菖蒲が咲き並び、大勢の見物客が訪れます。

 

花菖蒲の見頃は5月下旬~6月下旬です。
 

明治神宮御苑を散策

明治神宮御苑

明治神宮御苑の中心にある南池。夏は睡蓮、そして冬には渡り鳥を見ることが。

明治神宮御苑

明治神宮御苑の東側は樹木に覆われた台地。明治天皇が皇后のために建てた隔雲亭やつつじ山。

明治神宮御苑

菖蒲田は明治天皇が皇太后のために堀切など都内近郊からこの地へ菖蒲を集めさせたことがはじまり。1,500株の花菖蒲。

明治神宮御苑

菖蒲田沿いの散策路は道幅が狭く、写真撮影や立ち止まる人で渋滞。

明治神宮御苑

菖蒲田が一望できる高台の四阿。付近には自販機も設置されている休憩処。

北門にほど近い高台、緑豊かなつつじ山の景色。

明治神宮御苑

南池の南端にある四阿。四阿とはあづまやの意味。

明治神宮御苑

原宿方面から向かえば、最初の入口がこの東門。

明治神宮御苑

原宿駅からは鳥居をくぐり南参道を5分ほど歩くと左手に明治神宮御苑の東門。

明治神宮御苑

この大鳥居の先、左手に北門、その先右手には明治神宮の御社殿が。

明治神宮御苑

車は北参道から入ります。入ってもいいか躊躇うようなゲートの先を左手に進む。

明治神宮御苑

明治神宮御苑の駐車場は宝物展示室、参集殿、神宮会館など明治神宮の各施設に併設。

明治神宮御苑マップ
明治神宮御苑マップ
 

明治神宮御苑へのアクセス

明治神宮御苑には4か所の入り口があり、それぞれアクセス方法が異なります。
 
JR「原宿駅」または東京メトロ「明治神宮前駅」からは一の鳥居がある原宿口まで1分。
JR「代々木駅」または副都心線の「北参道駅」からは明治神宮御苑の北口にあたる代々木口まで5分。
そして小田急線の「参宮橋駅」からは参宮橋口まで3分です。
 
それぞれの入り口から明治神宮御苑の中央にある御社殿までは徒歩10です。
 

明治神宮御苑の駐車場

明治神宮御苑には参拝者用の無料駐車場が2か所あります。駐車場へは代々木口から入り、すぐ左手に一か所。そのまま玉砂利の道を真っすぐに進み参集殿の横にもう一か所あります。
 

 
ルート検索


住所 東京都渋谷区代々木神園町1-1
アクセス(原宿口) JR「原宿駅」または東京メトロ「明治神宮前駅」から徒歩1分
(代々木口) JR「代々木駅」または副都心線の「北参道駅」から徒歩5分
(表参道口) 小田急線の「参宮橋駅」から徒歩3分
公園情報開苑時間
3月~10月 9時~16時30分
11月~2月 9時~16時
6月中 8時~17時

御苑維持協力金 500円
園内の施設なし
駐車場2か所 無料
                   
関連情報