東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
墨田区

大横川親水公園でスカイツリーを眺めながらお散歩。水遊びもできるよ


大横川親水公園



大横川親水公園は水辺の散歩道

 

概要

大横川親水公園は、本所吾妻橋から木場までまっすぐ流れる大横川を埋め立てて造られた水辺の公園。
錦糸町駅の西側から業平橋まで1.8キロメートルの遊歩道が続きます。

 

園内は釣川原、河童川原、花紅葉、パレットプラザ、ブルーテラスの5つゾーンに分かれて、じゃぶじゃぶ池から遊具広場まで、それぞれが特徴あるレイアウトになっています。

 

歴史

隅田川と荒川の間、墨田区には碁盤の目のように川が流れています。
江戸時代、物品の運搬や防火のために作られた運河です。

 

大横川もその運河のひとつでしたが、周辺は海面よりも水位が低い江東ゼロメートル地帯だったために水害をもたらす危険がありました。

そこで水害を防ぐため川を堰き止め、平成5年に埋め立てた場所に親水公園を造りました。
 

見どころ

大横川親水公園はスカイツリーを眺めながら水辺のお散歩やランニングが楽しめます。

秋は水景と紅葉の風景、春は82本の桜が咲くお花見の名所に。
そして夏は子どもが川遊び。

四季折々の景色を見せてくれます。

 

大横川親水公園北側のスカイツリー付近から南の錦糸町方面へ向かってお散歩しました。




基本情報

入園料無料
バーベキュー場×
ドッグラン×
キャンプ場×
水遊び・プール
駐車場×

大横川親水公園

釣河原ゾーンにある釣り堀。無料で楽しめます。

大横川親水公園

河童河原ゾーンは子どもたちがじゃぶじゃぶ遊べる水路。

大横川親水公園

河川には遊具施設も。

大横川親水公園

元は運河だった大横川の両岸には憩いの場所と散策路。

大横川親水公園

大きな自然石でできた水路はまるで渓谷のよう。花紅葉ゾーン。

大横川親水公園

水辺の生き物や植物を観察できる万華池。

大横川親水公園

公園の至る場所から眺められる東京スカイツリーの姿。

大横川親水公園

北斎通り、長崎橋跡の周辺はイベント広場のあるパレットプラザゾーン。

大横川親水公園

総武線の高架を越えたらテニス場が。ここが公園の最南端。北側からここまで急ぎ足で30分ほど。



5つのゾーンの中でおすすめは子どもが喜びそうな花紅葉と河童河原ゾーン。
小さな渓谷風景に囲まれて水遊びができます。
周辺の公園

住所 東京都墨田区
アクセス自動車 首都高7号線 錦糸町IC、6号線駒形IC
電 車 東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅、都営浅草線 本所吾妻橋駅、押上駅 各駅から10分
公園情報常時開園 無料
園内の施設じゃぶじゃぶ池
各種遊具
釣り場
駐車場なし