隅田公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

関東公園ガイド パークナビ

           
墨田区

隅田公園


隅田公園

隅田公園は江戸時代のお花見名所。

 

隅田公園は江戸時代から続く観光地であり、8代将軍徳川吉宗がお花見の場所として民衆に解放した隅田川の墨堤が公園となった場所。

今も東京を代表する桜の名所として春には大勢の花見客が訪れます。
 
隅田川の川岸には、ランニングができる遊歩道や遊具広場があります。
 

隅田公園の概要

隅田公園は、隅田川をはさんで墨田区側と台東区の浅草側にわかれています。

墨田区側は池や小高い丘など野趣あふれる景観。

アスレチック遊具や滑り台など子どもが遊べる遊具広場や、スカイツリーを眺めながら休憩できるオープンカフェもあります。
 

浅草側の川沿いにはランニングコースが通り、季節毎に表情を変える隅田川の景色を眺めながらお散歩が楽しめます。
 

隅田公園の見どころ

さくら名所100選にも選ばれている隅田公園はお花見の人気スポット。

隅田公園の墨田区側に343本、対岸の浅草側にも約600本の桜が植えられていて、東京スカイツリーを背景にお花見が楽しめます。

夜は桜がライトアップされ幻想的な雰囲気に。
 

また、桜だけではなく紫陽花が咲く広場や梅園など隅田公園では四季折々の花が楽しめます。
 

隅田公園を散策

墨田公園

隅田公園は隅田川をはさみ墨田区と台東区の浅草側に分かれています。写真は桜橋から浅草方面の景色。左が墨田区、右が台東区。

墨田公園

墨田区側の公園は東武伊勢崎線の鉄橋から桜橋まで約800mの細長い敷地。散策路と小高い丘、そして池など自然が多い場所。

墨田公園

隅田公園は都内でも有数のお花見スポット。墨堤周辺には340本もの桜の木が。

墨田公園

隅田公園に唯一ある池の風景。日本庭園の情緒を醸し出しています。

墨田公園

珍しい狛牛がある牛嶋神社は860年の創建。

墨田公園

隅田川の両岸にはお散歩やくつろぎの場所に適したデッキが設置されています。

墨田公園

東京水辺ラインや屋形船など、さまざまな種類の船が行き交う隅田川。

墨田公園

昭和60年に架けられた桜橋は隅田川で最初、そして唯一の歩行者専用橋。

墨田公園

台東区の浅草側にも隅田川沿いに遊歩道が通っています。

 

隅田公園へのアクセス

・都営浅草線「本所吾妻橋駅」から徒歩6分(450m)

・都営浅草線、東京メトロ日比谷線「浅草駅」から7分(500m)
 

隅田公園の駐車場

隅田公園の墨田区側(屋内プール体育館跡地)に、隅田公園自動車駐車場があります。

利用時間:7時30分~18時30分
料金:30分まで無料。以降30分ごとに100円
収容台数:20台
場所:向島5-6
 
浅草側には駐車場はありませんので、周辺の時間貸し駐車場を利用してください。
 

 
ルート検索


住所 東京都墨田区向島、台東区浅草
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設墨田区側
・日本庭園
・自由広場
・牛島神社
・すみだ郷土文化資料館
・児童コーナー
・少年野球場
・屋外プール

台東区側
・対等リバーサイドスポーツセンター
・野球場
・水上バス乗り場
・ランニングコース
                   
関連情報