世田谷公園 | ミニSLと蒸気機関車がある世田谷区の公園
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
世田谷区

世田谷公園


世田谷公園

世田谷公園はミニSLと蒸気機関車が人気の区立公園。

 
世田谷公園は遊具広場やプレーパークなど5つの広場と丘を有している子どものレクリエーションに最適な世田谷区立の公園です。

園内にはミニSLや蒸気機関車、ミニカートに乗れる交通児童遊園、そして屋外プールなど、子どもが喜ぶアトラクションがたくさん。
 

ピクニックに適した小広場、のんびりできる噴水広場、そしてスケートボート広場もある世田谷公園は子どもだけでなく老若男女が楽しめます。
 

世田谷公園の見どころ

世田谷公園には、区制50周年を記念し、1982年(昭和57年)に開通したSL「ちびくろ号」が、土日祝日を中心に走っています。

秋には「せたがやこどもSLまつり」が開催され、特別記念列車の運行や鉄道模型の展示イベント等も行われます。
 

また、世田谷公園の入り口付近には、SL・D51―272と炭水車、車掌車を展示されていて、ミニSLとともに子どもたちに親しまれています。
 

世田谷公園の一角にあるプレーパークせたがやは、屋外での自由な遊びを通して、子どもの自主性を育むことを目的とした遊びの場所。

プレーパークせたがやでは、木登りや穴掘り、焚火など、常駐のプレーワーカーや地域のボランティアの方の管理のもとで、普通の公園ではできない遊びができます。
 
YouTubeでも世田谷公園の動画が見れます!icon-external-link (1分33秒)
 

世田谷公園を散策

世田谷公園

世田谷公園の中心にある噴水広場。噴水の周りのベンチでのんびりと過ごせます。

世田谷公園

自己責任で自由に遊ぶがモットーのプレーパーク。自分のやりたいことが無料でできる遊び場。

世田谷公園

ミニカートに乗って交通ルールを覚えられる交通公園。ブランコや滑り台、砂場もあります。

世田谷公園

長さ50メートルのうんていがある遊具広場は公園の南側に。

世田谷公園

展示されているD51と駅のホーム。客室車両の中にも入れます。

世田谷公園

ピクニックとボール遊びなら小広場。サクラの木に囲まれた広場はお花見でも人気。

世田谷公園

世田谷区制50周年を記念して開設されたミニSL ちびくろ号。写真はせたがや公園駅。

世田谷公園

サイクリングやウォーキングが楽しめる遊歩道。

世田谷公園

世田谷公園の北側には屋外プールやテニスコートなどのスポーツ施設が集中してます。写真はスケートボード広場。

 

世田谷公園へのアクセス

世田谷公園へのアクセスは東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」の北口から徒歩13分(1.0km)、または田園都市線「池尻大橋駅」南口から7分(700m)です。
 
バスを利用する方は「渋谷駅」から東急の循環バス(渋31)に乗車して「自衛隊中央病院入口」バス停で下車。
渋谷駅から自衛隊中央病院までは9分、バス停から世田谷公園までは徒歩1分です。
 

世田谷公園の駐車場

世田谷公園の駐車場は公園の北側、野球場の近くに32台収容の有料駐車場があります。
 

 
ルート検索


住所 〒154-0001 東京都世田谷区池尻1-5-27
TEL 03-3412-0432(世田谷公園有料施設窓口)
アクセス三軒茶屋駅から徒歩13分
池尻大橋駅から徒歩7分
公園情報常時開園 無料
園内の施設・世田谷プレーパーク
10時~18時

・ミニSL「ちびくろ号」
一周3分
運行日 水曜日・土曜日・日曜日、祝日、学校休業日、都民の日(10/1)
時間 10時~16時 (12月~2月は15時まで)
10分~15分間隔で運行 12時~13時は運休
料金
中学生以上 100円
小学生 50円
小学生未満 無料

・屋外プール
開園期間 7月10日~9月10日
2時間の入れ替え制
料金 高校生以上 390円 中学生以下 無料 幼児の付き添い者 50円

・交通広場
9時~17時 (11月~3月は16時30分まで)
対象 小学校3年生以下 (無料)
休場日 年末年始、雨天時など

・スケートボード広場(SL PARK)
スケートボード、BMX、インラインスケート
9時~19時 (10月~3月は17時まで)
休場日 年末年始、雨天時など
駐車場32台 30分100円
                   
関連情報