井の頭公園は吉祥寺のデートスポット。彼女とボートにのろう!
               

東京 神奈川 埼玉 千葉 関東の公園、庭園、観光地を紹介しているパークナビ

       
関東公園ガイド パークナビ

           
武蔵野市

井の頭恩賜公園


井の頭公園

井の頭公園は吉祥寺のデートスポット。

井の頭恩賜公園はボートに乗れる池がシンボルのおおきな公園。
吉祥寺から近いこともあって、デートスポットとしても人気があります。
 
一般的に井の頭公園と呼ばれていますが、正式名称は井の頭恩賜公園(読み:いのかしらおんしこうえん)。
恩賜とは天皇から賜ることで、戦前に皇室の所有地だった場所が整備された公園を恩賜公園といいます。
 
この記事では井の頭公園をデートで利用するカップルのために、デートでの楽しみ方と、動物園や広場などカップルにおすめの場所を紹介します。
 
井の頭公園
 

井の頭公園の概要

井の頭公園は、武蔵野市と三鷹市にまたがる42ヘクタールの敷地をもつ都立公園です。
 
園内は、神田川の源流になっている井の頭池、雑木林の御殿山、動物園がある井の頭自然文化園、そして三鷹の森ジプリ美術館や運動施設がある西園と、4つのエリアに分かれています。
 
井の頭公園には、とくにメインの入口はなく四方からアクセスできますが、最寄り駅の吉祥寺駅からなら七井橋通りを抜けて公園まで5分。
井の頭線の井の頭公園駅からでしたら、公園の東側入口まで30秒です。
 
車でアクセスする方は、西園と井の頭自然文化園のちかくにそれぞれ駐車場があります。
 
井の頭公園
 

井の頭公園のデートならボートが定番

井の頭公園でのデートなら、まずは井の頭池でボートに乗りましょう。
 
ボートはローボート、サイクルボート、そしてスワンボートの三種類。
カップルなら、向かい合っておしゃべりができるローボートがおすすめです。
 
「井の頭公園でボートに乗ったカップルは別れる」なんていう都市伝説もありますが、それはあくまで噂話。
池の上でふたりきりの時間を過ごせば、お互いの緊密度が深まることは間違いありません。
 
ボートは一年中利用できますが、お花見の季節やゴールデンウイークは順番待ちになるので、午前中に出かけた方が賢明です。
 
ボートの料金と営業時間は、このページ下の概要欄をご覧ください。
 

井の頭恩賜公園

ボート乗り場は七井橋を渡ったところにあります。利用時間は時期によって異なります。

行楽シーズンはご覧のような人込み。3月~9月は10時オープンですので早めに出かけましょう。

 

井の頭公園をお散歩

井の頭池でボートに乗ったあとは、池の周りの散策路をお散歩しましょう。
池畔を一周する1.5kmの散策路はのんびりと歩いて30分。
 
散策路にはカップル向けのベンチがたくさん設置されているので、お弁当をひろけでピクニックを楽しむのもいいですね。
 
ただし、人が多いのであまりイチャイチャすることはできませんが。
 
井の頭恩賜公園

井の頭池の北側は絶好の散歩道。ベンチもたくさんあります。

 
二人でのんびりとするなら、三角広場と御殿山がおすすめです。
 
井の頭公園駅の東側、神田川沿いにひろがる三角広場は近所の子どもの遊び場ですが、井の頭池周辺よりも人が密集していません。
 
芝生の広場とベンチがあるので、二人でピクニックが楽しめます。
 
 
井の頭公園の西側にひろがる御殿山は、小高な雑木林。
クヌギやコナラなどの高木に覆われた小路を歩けば、時間がたつのも忘れてしまいそう。
 
11月下旬から12月上旬は、紅葉狩りが楽しめます。
 

神田川沿いに広がる三角広場は芝生の広場。近所の子どもたちがボール遊びをしています。
御殿山

井の頭公園の西側に位置する御殿山の雑木林。武蔵野の面影を色濃く残しているエリアです。

 

井の頭文化園で動物とふれあう

動物好きの彼女なら、吉祥寺通りを隔てて西側にある井の頭自然文化園の動物園がオススメ。
リスの小径やモルモットコーナーではかわいい小動物とふれあえます。
 
井の頭文化園には、メリーゴーランドがあるミニ遊園地や芝生広場もあるため、子連れの家族が多い場所ですが、リスの小径の隣には静かな日本庭園もあります。
 
井の頭文化園

動物園と水生物館がある井の頭文化園

 

デートでもつかえるジプリ美術館

井の頭公園の西園にある三鷹の森ジプリ美術館は、子どもだけではなく大人のデートにも人気の施設。
 
宮崎駿監督の映画に出てくる建物のような不思議な美術館では、トトロやポニョなどの人気キャラクターに出会えます。
 
ちょっと疲れたらまた、カツサンドやホットドッグなどの軽食が楽しめるカフェで一息つきましょう。
 

ジプリ美術館の入口

 

井の頭公園のデートプラン

井の頭公園には見どころがたくさんありますが、園内をグルッと一周するなら、行きは井の頭公園駅、帰りは吉祥寺駅を利用するのがオススメです。
 
ボート乗り場が混雑する前に、彼女とボートあそびをして、そのあと池畔を散策。
お腹が空いてきたらベンチに腰掛けて池を眺めながらお弁当タイム。
 
お弁当を食べたら、御殿山を散歩しながら動物園やジプリ美術館へ足を運びましょう。
デートなら、縁結びのご利益があると言われている井の頭弁財天にも、ぜひ立ち寄っておきたいところ。
 
 
吉祥寺駅に向かう七井橋通りやパープル通りには、おしゃれなカフェやバーも点在しているので、デートの締めは彼女とディナーを楽しんでください。
 

井の頭公園へのアクセス

・京王井の頭線「井の頭公園駅」から徒歩1分

・JR中央線「吉祥寺駅」南口から徒歩5分(350m)
 
井の頭自然文化園(西園)に行くなら吉祥寺駅の方が便利です。
 

井の頭公園の駐車場

井の頭公園の駐車場は、吉祥寺通り沿いに二か所あります。

・第一駐車場

井の頭自然文化園の近く
利用時間:24時間
収容台数:60台
料金:1時間400円 以降30分ごとに200円
 

・第二駐車場

三鷹の森ジプリ美術館の横
利用時間:8時~21時
収容台数:100台
料金:1時間400円 以降30分ごとに200円
 

井の頭公園の園内マップ


 

 
ルート検索


住所 東京都武蔵野市御殿山1-18-31
TEL : 0422-47-6900(公園案内所)
公園情報開園時間 : 24h
入園料 : 無料
園内の施設・貸ボート
利用時間:
4月~7月9月 10時~17時50分
8月 10時~18時20分
3月10月 9時30分~17時20分
11月12月2月 9時30分~16時50分
定休日 : 12月~2月の水曜日
利用料金 :
ローボート 1時間700円(大人3名まで)
サイクルボート 30分600円(大人2名 子ども1名まで)
スワンボート 30分700円(大人2名 子ども2名まで)

・井の頭自然文化園(動物園・水生物園)
開園時間 : 9時30分~17時
休園日 : 月曜日、年末年始
入園料 : 400円 中学生150円

・三鷹の森ジブリ美術館
開館時間 : 10時~18時
休館日 : 火曜日、年末年始
入館料 : 大人1,000円 中高生700円 小学生400円 幼児100円

・日本庭園
・競技場(西園)
・野球場
・テニスコート
・屋外ステージ
・売店、レストラン
                   
関連情報